prisoner's BLOG

見た映画のメモと、ツイッターのスクラップで出来ています。

「パーマネント野ばら」

2010年06月22日 | 映画
しかし、ここに出てくる男どものどうしようもなさは、ちょっとうらやましいくらい。その分、女がたくましいかというとそれほど図式的ではなくて、それ相応にしょうもない。

むさい男どもの中でひとりだけイケメンの江口洋介が混ざっているのが、イケメンについてどう思うかといったセリフ、旅館で逢引するときの展開の微妙さなどとあいまって、なるほどと膝を叩かせる巧妙な語りとと構成美を見せる。

菅野美穂が「エコエコアザラク」の頃の怖い顔をちらっと見せる(それにはちゃんと意味がある)のだが、それをシーンの中のカットの位置づけによってきちんと撮り分けている。

最近の日本映画、貧乏生活の描写がまた復活してきたみたい。違うのは左翼くささがないのと、血縁関係が壊れてきていること。
(☆☆☆★★)


本ホームページ


パーマネント野ばら - goo 映画

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 「アウトレイジ」 | トップ | 「処女の泉」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

映画「パーマネント野ばら」を観た感想 (映画初日鑑賞妻)
★★★女たちのスッタモンダが延々と描かれて、肝心の、なおこのストーリーが横に行っちゃった。だから、それで? 状態。ウルウルは来た。その気持ちもわかる。女の子だもん。でもだからって納得はしないよ。