prisoner's BLOG

私、小暮宏が見た映画のメモと、ツイッターのスクラップで出来ています。 時折、創作も載ります。

「レッドクリフ PartI」

2008年11月16日 | 映画
二時間半という長尺の割りに、くたびれずにすらすら見られる。キャラクターがみんな「ご存知」という感じで、それをまたきちんとゲームのキャラクターばりに図式的に絵解きしてくれるから、製作スケールはものすごく大きいにも関わらず、時間感覚からするとテレビの長時間ドラマに近く、もたれない。

八卦の陣の場面など、どういう形で陣形がどう動くと威力を発揮するものなのか、というのをはっきり見てわかる形で映像化してくれたのはありがたい。古い例だけれど「天と地と」では、「あれが鶴翼の陣か」などというセリフがあって、絵でその形が示されても、それに何の意味があるのかわからず「それがどうしたの?」と欲求不満になったもの。

戦闘場面で、将軍クラスがやたらと実戦に飛び込んでばったばったと敵をやっつけるのは、近代戦ではないなあと思わせる。
アクション・シーンはもちろん迫力あるのだけれど、「男たちの挽歌」以来の二丁拳銃の乱射みたいな、思わずマネしたくなるような魅力的な新手はこれといってない。

ジョン・ウーは相変わらず女優の演出となると棒を呑んだみたいになりますね。美女を起用したところで満足してしまったみたい。
(☆☆☆★)


本ホームページ


レッドクリフ PartI - goo 映画

コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「僕らのミライへ逆回転」 | トップ | 「ゴルゴ13 九竜の首」 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この映画評判いいんですね (west32)
2008-11-16 22:55:12
prisonerさん、こんばんわ。

色々なところでこの映画が良いと聞きますね。やっぱり私も観ようかなと思いました。

確かに美女の使い方が下手という点は気になりますが.....
R>west32様 (prisoner)
2008-11-17 09:17:02
コメントありがとうございます。
見て損するってことは、まずないと思いますよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事