prisoner's BLOG

見た映画のメモと、ツイッターのスクラップで出来ています。

「カーズ2」

2011年09月02日 | 映画
なんだか、無理やりな続編の典型という感じ。
アメリカ映画だとたいてい一作目でキャラクターを絞りきってしまうから、「トイ・ストーリー2」みたいに新たな設定を持ち込みでもしない限り、続編はとってつけたようなお話にしかならない。

今回はマックイーンは終始キャラクターが動かないし、メーターが自分が格好が悪いと気づいていないという設定はおよそありそうにない。しかもこの二人(と言っていいと思う)が絡むところが実質ないに等しい。

どこまで本気で描いているのかわからない変な日本から、昔のレース映画調の中盤、それからスパイ映画のパロディじみた後半と、ばらばらの三つのパートをつなぎ合わせたような構成で、強いて言うなら「ごっこ」遊びの世界というか、にぎにぎしいわりに燃焼度が低くて、これ作りたくて作ってるのか、前作が当たったから作らざるをえなくて作っているのではないかといささか疑問に感じる。
(☆☆☆)

人気ブログランキングへ


本ホームページ


カーズ2 - goo 映画

カーズ2 [DVD]
クリエーター情報なし
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 2011年8月に読んだ本 | トップ | 「ハリー・ポッターと死の秘... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

『カーズ2』 無責任ではない問題提起 (映画のブログ)
 2008年、短編映画『メーターの東京レース』と同時上映された『ボルト』には、一つ残念なところがあった。  映画は、ミラクルボイスならぬスーパーボイスを放つスーパーヒーロー犬・ボルトの活躍から始まる...
「カーズ2」 切り口を見事にシフトチェンジ (はらやんの映画徒然草)
出せば当たるピクサーの新作であり、ヒット作品「カーズ」の続編がこちら「カーズ2」