prisoner's BLOG

見た映画のメモと、ツイッターのスクラップで出来ています。

「ボルベール<帰郷>」

2007年07月22日 | 映画
ボルベール<帰郷> コレクターズ・エディション

ギャガ・コミュニケーションズ

このアイテムの詳細を見る

予告編で「父帰る」ならぬ「母帰る」みたいな話かなと思っていると、ずいぶん違う。帰ってくるのではなくて、最初からずうっと近くにいて、それを娘がどう見つけていくのか、という考えてみるとずいぶん不思議な話。
「母」はいつもそばにいる、という図。
母と娘の関係が、特に男の関わり方で繰り返されるわけだけれど、ここでは男はほとんど害毒みたい。
母親が、しみじみとペネロペ・クルスの娘を見ておまえ昔からそんな胸大きかったっけというのが可笑しい。
(☆☆☆★)


本ホームページ


ボルベール<帰郷> - goo 映画

コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« 「キサラギ」 | トップ | 「ホステル」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

ボルベール<帰郷>(2006年、スペイン) (泉獺のどうでも映画批評)
 懸賞でこの映画のチケットが当たったので、観に行ってきました。 監督:ペドロ・ア
ボルベール 帰郷 (PLANET OF THE BLUE)
テスト前に見ました。 ヨーロッパ映画って、言葉数が多くて、落ち着かないし、 そんなに好きじゃありませんでした。 でも、この映画は好きでしたね。面白かったです。 女性が沢山出てきて、そこにドラマがあって。 ヨーロッパ映画らしいシチュエーションではないで...
ボルベール★★★★劇場96本目:女はとても逞しい! (kaoritalyたる所以)
7/15は【なんばTOHOシネマズ】のプレミアシートで、『ボルベール<帰郷>』を鑑賞してきました。ペドロ・アルモドバル監督作品には拒絶反応を示す人もいると思うのですが、この映画は結構、万人受けする、逆に言えばアルモドバル監督作品にしてはアクのない映画で....
【映画】ボルベール(帰郷) (しづのをだまき)
2006年 西 2h00 監督 ペドロ・アルモドバル 出演 ペネロペ・クルス  鑑賞@高槻ロコ9プラス 下手物(ゲテモノ)専門の映画監督アルモドバルが、スペインに「帰郷」したペネロペ・クルスを主役に撮った。私はゲテモノも巨乳も嫌いなので、いくら他の人のブログで見...