prisoner's BLOG

見た映画のメモと、ツイッターのスクラップで出来ています。

「おっぱいバレー」

2011年08月15日 | 映画
タイトルつけて綾瀬はるかをキャスティングしたところで喜んでしまって勝ったも同然と思ったのかどうか、そうは問屋が卸しませんでした。

ものほしげではあっても本格的にエッチ系に行けるわけないのが早々にわかってしまうので、興が乗らない。

代わりに時代色やノスタルジックな調子を出しているけれど、それだとストーリーが動かないのだね。
実際にあった話といったところでリアルさを求める素材でもないし、実話といわなければ信じられないくらい奇抜な話でもない。なんだか中途半端。
(☆☆★★★)
人気ブログランキングへ


本ホームページ


おっぱいバレー - goo 映画

コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 「この愛のために撃て」 | トップ | 「コクリコ坂から」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

羽住英一郎監督 「おっぱいバレー」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが……禁煙しました。)
「このタイトルでまさかの涙」のコピーに惹かれ劇場公開時に観たいと思ってた映画 タイトルがタイトルだもんで オッサンの自分が映画館に行くのは、ちょい恥ずかしくて観損なってしまってたのですが… (劇場の窓口で、おっぱいは言いにくい) やっとDVDで鑑賞しま...
「おっぱいバレー」 実はノスタルジー映画 (はらやんの映画徒然草)
あまりにストレートなタイトルと予告を観ると、本作のストーリーがなんとなく想像でき