prisoner's BLOG

見た映画のメモと、ツイッターのスクラップで出来ています。

「アリス・イン・ワンダーランド」

2010年04月25日 | 映画
もともとの「アリス」の内容って、成長とか葛藤とかいったドラマ的な要素を排した、およそナンセンスなものではないのかなあ。
今回はアリスの年齢を19歳に上げて、かつて行ったことのある不思議の国を忘れているという設定にしているわけだが、もとのアリスは子供といっても相当に強情でイノセントなわけではないし、不思議の国が何かの象徴というわけでもない。

モチーフがないものをアレンジしようとしてもムリがある。
結局、元の話を教訓寄りにしてなぞった以上になっていない。

いろいろおなじみ(だと思うけど)のクリーチャーが出てくるのだけれど、オールCGでやられるとなんかみんなプラスチック製みたいで気持ち悪いね。不思議の国も人工的すぎてかなり息苦しい。
(☆☆☆)


本ホームページ


アリス・イン・ワンダーランド - goo 映画

TwitterボタンTwitterブログパーツ

アリス・イン・ワンダーランド 3Dセット [Blu-ray]
クリエーター情報なし
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

コメント   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« 「ストロベリーショートケイ... | トップ | 「恥」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

アリス・イン・ワンダーランド■七つの海へ... (映画と出会う・世界が変わる)
このアリスは「戦うアリス」なのである。それも予言された解放者としての戦士なのである。穴の中に落ちていき不思議の国に行くのは原作と同じ設定であるが、そこでの冒険がアリスの...
ティム・バートン監督 「アリス・イン・ワンダーランド」 (映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?)
やっぱさ~ 公開したら即、観たいじゃん 去年から話題になってたティム・バートン監督×ジョニー・デップの新作となれば(^m^)b 公開初日は自分も仕事だから無理にしても 今日(4月18日)、仕事明けで観るか? 明日、公休で観るか? 仕事明けは、殆ど寝てな...
アリス イン ワンダーランド (映画の話でコーヒーブレイク)
本作は絶対見るぞーっと、初めて前売り券なるものを買いました。 前売りを買うと¥1300で、いろんな特典が付くんですね。 7種類のストラップから一つ選べます。赤の女王をゲット! でも・・・前売りを買うとネットで座席確保ができず、当日行って窓口で席を確保しな...
「アリス・イン・ワンダーランド」ああ、こりゃ楽しい~! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[アリス・イン・ワンダーランド] ブログ村キーワード  “ジョニー・デップ&ティム・バ-トン7度目のコラボ!”「アリス・イン・ワンダーランド」(ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ・ジャパン)。「不思議の国のアリス」の映画化...
「アリス・イン・ワンダーランド」 変な子の成長物語 (はらやんの映画徒然草)
何かとタイミングが合わず観あぐねていましたが、やっと観てきました。 大好きな監督
アリス・イン・ワンダーランド (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:アリス・イン・ワンダーランド 制作:2010年・アメリカ 監督:ティム・バートン 出演:ミア・ワシコウスカ、ジョニー・デップ、ヘレナ・ボナム=カーター、アン・ハサウェイほか あらすじ:不思議の国の冒険から13年後。19歳に成長したアリスは、母...
アリス・イン・ワンダーランド/Alice in Wonderland(映画/DVD) (映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評)
[アリス・イン・ワンダーランド] ブログ村キーワードアリス・イン・ワンダーランド(原題:Alice in Wonderland)キャッチコピー:世界はもう、マトモではいられない…。製作国:アメリ....