prisoner's BLOG

見た映画のメモと、ツイッターのスクラップで出来ています。

「シャンハイ」

2011年09月28日 | 映画
真珠湾攻撃二ヶ月前の話なので、日本の扱いは愉快なものではない。渡辺謙の発言力のせいか、型通りの悪役ではないのが救い。
登場人物同士の人間関係の綾みたいなものは希薄。

回想形式が中途半端。長くなりすぎたのを縮める方便かと憶測する。
当時の上海を今の上海で撮れるわけがないので、どこで撮ったのかと思ったらタイ。

ストーリーの語り手になるアメリカ人のジョン・キューザックが、濃ゆい東洋人キャストに囲まれると一番ひょろっとして植物的というバランスがおもしろい。

チョウ・ユンファが拳銃を構えると、二挺拳銃にならないかなと期待してしまう。
(☆☆☆)

人気ブログランキングへ


本ホームページ


シャンハイ - goo 映画

シャンハイ スペシャル・エディション [DVD]
クリエーター情報なし
Happinet(SB)(D)

コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 「未来を生きる君たちへ」 | トップ | 「どぶ」 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

「シャンハイ」 底が知れない街 (はらやんの映画徒然草)
太平洋戦争開戦前夜の上海、そこは「魔都」と称されることが多いように、欧米列強と日