prisoner's BLOG

私、小暮宏が見た映画のメモと、ツイッターのスクラップで出来ています。 時折、創作も載ります。

「どぶ」

2011年09月29日 | 映画
白塗りの乙羽信子は道化のメイクというべきだろう。「道」のジュリエッタ・マシーナをいやでも思わせるわけだが、作られたのは1954年で「道」と同じ。シンクロニシティというか。

新藤兼人の、リアリズムだけにとどまらない一種のデフォルメ志向がこの頃からはっきり現れている。
推測だけれど、監督になる前、シナリオライターとしてやっていた以前は水谷浩のもとで美術部に所属していて、画も描けるというのが関係している気がする。「鬼婆」の頃など綿密な絵コンテを用意していた。もちろん例外はあるが、画を描ける監督はデフォルメに寄ることが多い。

工場の組合活動と資本家の対立が割とがっちり描かれ(組合がまだそれほど御用組合化していない)、そこからはみ出た連中という点で、ルンペン・プロレタリアというほぼ死語になった言葉がふさわしい。
宇野重吉がヒロインをだますのに学生だから金が必要だとわざわざ向上心をうたうのも、学生運動前という印象が強い。

信欽三扮する元役者は、明らかにゴーリキーの「どん底」から来ている。
居酒屋のシーンでワンカット大滝秀治らしき顔が写る。
(☆☆☆★★)

どぶ - goo 映画

どぶ [DVD]
監督 新藤兼人 主演 乙羽信子
角川書店

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 「シャンハイ」 | トップ | 「ハウスメイド」 »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
そう思いました (小太郎)
2013-12-31 11:25:17
見ている途中であれと思いました。
大滝秀治さんですよね 

大滝さんのWikiを確認したらタイトルが載っていました。

昔は端役しかもらえなかったのですね。

どんなすごい人でもそんな時代があるという事です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事