prisoner's BLOG

見た映画のメモと、ツイッターのスクラップで出来ています。

「イエスタデイ」

2019年11月02日 | 映画
数々のビートルズナンバーが作中にふんだんに流れるが基本カバーで原曲は権利が高すぎるのか避けている。
昔の「サージャント・ペパーズ」という「トミー」「サタデー・ナイト・フィーバー」のロバート・スティグウッド製作でビージーズ編曲主演でビートルズのナンバーで全編を埋め尽くした音楽映画があったが、アレンジをあまりいじらず床の間に置いている感じなのは同じ。

それでもあれを連打されたら現代の人気ミュージシャンでも自分はモーツァルトに対するサリエリだと言いだすのも無理はないと思わせる。

リリー・ジェームスが男の側から愛してると言わせたい女の子役で可愛いらしく、今どきちょっと古い感じもするが、男の方が有色人種というのが気後れさせているのだろうと思わせるのが上手いところ。



コメント

11月1日のつぶやき

2019年11月02日 | Weblog
コメント