卯野短歌

題詠blog2015 短歌を詠みます 卯野抹茶(@macchauno)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

題詠短歌71-80粉とムーンウォーク

2015-08-26 15:29:23 | 題詠blog2015
題詠短歌71-80破戒

071:粉

いま吸った粉ってほんとにとんぷく薬? どうしてムーンウォークしてんの?


072:諸

諸人も花火にむねをこがされて旧皮質の目、ひらきはじめる


073:会場

黒服が均一にならぶ会場でやっとわたしはなにかになれる


074:唾

くちびるがふれるまぎわのえいえんの唾をのみこむおとをきいてる


075:短

短命のなきがらひとつ足もとにおちたる晩夏のどがからから


076:舎

仏舎利のなかに賜いしみほとけの寝こみをおそい末法を消せ


077:等

イコールがつくことのない不等式解くのつかれた もう帰っていい?


078:ソース

たこ焼きはソースじゃなくてしょうゆ派であったと気づく 君と離れて


079:筆

いつのまにわたしのからだをひと筆でなぞれるようになったんだろうね


080:標

からからの午前4時から這いでれば標べきらめくばーかばーかって



071-080の歌 - 題詠blog2015
トラックバックはのちほど






コメント   この記事についてブログを書く
« 題詠短歌2015_51−60まとめ「モルダー、あなた... | トップ | 題詠2015 短歌81-90錦眼鏡を... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

題詠blog2015」カテゴリの最新記事