卯野短歌

題詠blog2015 短歌を詠みます 卯野抹茶(@macchauno)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

題詠短歌91-100 願書

2015-09-16 09:53:17 | 91-100の歌

題詠blog2015
に投稿する短歌です。

091:略

前略夏に見たスカートが白すぎて恋をしました まずは略儀ながら


092:徴

恋人をみませんでしたか特徴は細くてしろくてどこにもいない


093:わざわざ

「結婚しました」なんてハガキを送るなよわざわざ見知らぬ女の文字で


094:腹

すき腹を流れるビールのはげしさで気づく 怒ってたんだね私


095:申

申年に生まれたからって木登りがうまいわけでも陽気でもない


096:賢

五周目の空にちかづく観覧車 もっと賢く生まれたかったな




Ferris Wheel - Daytona Beach, FL




097:騙

いつだって騒ぐのは騙されたほうでウッカリカサゴの白身の清さ


098:独

独立峰はつ雪のみちを一歩踏む右手に文字を左手にチョコを



099:聴

寂聴の伽羅のみ胸に抱かれればきみの孤独がきこえたかしら



100:願

さみしさは消えないけれどよりそえる ふたり生きてく願書を出した




卯野

コメント   この記事についてブログを書く
« 題詠2015 短歌81-90錦眼鏡を... | トップ | 031:認 (卯野) »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

91-100の歌」カテゴリの最新記事