笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ピュアな万城目作品

2011年03月20日 | 小説
小説「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」を読みました。

著書は 万城目 学

小学1年生のかのこちゃんと猫のマドレーヌのお話

読みやすく 優しい そんな印象
児童文学みたいだね

いつもの万城目作品を期待すると 肩を落とすかも
大きな事件もなく ゆっくりと

とはいえ 猫の視点から書いたところは
ファンタジー色もあって 流石

私的評価:3
    やはり いつものテンションがなかったなぁと
    新たな万城目さんを見た感じです

小学1年生の女の子と猫というキーワードから
まさに ピュアないい話でした


それでは、また

コメント (4)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« 1週間・・・ | トップ | 行動分析のすごさ »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (けん)
2011-03-21 09:21:22
TBさせて頂きました。
またよろしくです♪
けん さんへ (リバー)
2011-03-21 10:10:36
TB、コメント ありがとうございます

こちらこそ よろしくです
Unknown (日月)
2011-03-21 16:05:02
TBありがとうございました。
大事件なは起こらないけれど小さな不思議がつまった、ほっこりした物語でした。
万城目さんのおうちでも女の子が生まれたのだとか。リアルかのこちゃんですね( ̄▽ ̄)
日月さんへ (リバー)
2011-03-21 16:24:37
コメント ありがとうございます

ほっこりしますね

万城目さん、女の子が生まれたんですか!
名前は かのこちゃんにするのでしょうか(笑)

コメントを投稿

小説」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (Akira's VOICE)
万城目学 著 
「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」 万城目 学 著 (トリ猫家族)
 おもしろかったわ~ 「鹿男あをによし」や「鴨川ホルモー」とは、また違った雰囲気の物語です。 視点を変えることによって景色を変える日常というか・・・ もしかしたら、自分が ...
「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」 万城目学著 ちくまプリマー新書 (事務職員へのこの1冊)
 ペットなんか絶対に飼うもんか、と思っていた。  臭そうだし、エサやりも面倒。な
かのこちゃんとマドレーヌ夫人/万城目学 (本と映画、ときどき日常)
マドレーヌという猫とかのこちゃんという小学生、そして周りの犬や猫、人間の物語。 こんな風に人と犬や猫の関係が成り立っていたら素敵だなって思わせてくれます。 前半に万城目学ファンならニヤッとさせられる箇所もあり、それもまたなんとも堪りません♪ ほのぼのと...
「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」 万城目 学 (日々の書付)
また新たなマキメワールドの誕生です。「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」は猫のマドレーヌ夫人と、その飼い主である小学校1年生のかのこちゃんの、ちょっと不思議な日常を描いた物語。今までの「鴨川ホルモー」や「鹿男」「プリンセス・トヨトミ」などの歴史をベースにし...
「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」感想 万城目学  (ポコアポコヤ)
小一の「かのこちゃん」と「すずちゃん」が、とっても微笑ましいですね。
「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」万城目学 (しんちゃんの買い物帳)
かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)(2010/01/27)万城目 学商品詳細を見る 半年前、ふらりと家にやってきたアカトラの猫に、「マドレーヌ」と名前をつけた女の子は、六年前、お父さんとお母さ...
万城目学 かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (マロンカフェ ~のんびり読書~)
かのこちゃんは小学一年生の元気な女の子。マドレーヌ夫人は外国語を話す優雅な猫。その毎日は、思いがけない出来事の連続で、不思議や驚きに充ち満ちている。(「BOOK」データベースより)   万城目作品は、エッセイを除いて全て読んできていますが関西人であ...