笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

この時期の映画

2009年11月15日 | 2009年 映画 レビュー
10日のことだが、映画「ソウ6」を鑑賞しました。

この時期の恒例ともいえるソウシリーズ
ついに、6作目です

今回は前回残された ボックスの中身が何か
そして、今までの謎だったことも 明かされていって

肝心のゲームのほうは 3作目みたいな感じで
1人が捕まった人を助けながら決断していくタイプ

今回の驚きのラストは・・・
まぁ、ジグソウの後見者は予想通りというか そこまでの驚きはなく
とはいえ、納得かな

ゲームに関しては なかなか捻ったラストで
決断、選択のゲーム自体もなかなか良かったです

とはいえ、絶対死者が出るようになっていて・・・
まぁ、ホフマンが考えたので しょうがないか

ちなみに、冒頭のゲームが本作で1番グロかったです
あれは・・・キツイ

パンフレット:600円
      表紙、中身も凝っていて 良い
      量も内容もしっかりとしてます

私的好き度:3+
     前作よりは好きでした
     7がどうなるか気になります

4作目から、だんだんと微妙さがでてきたと思ってるのですが・・・
しかし、6作目まで一定の水準はクリアしていて そこいらのホラーよりは全然おもしろいですね

最初に、今までの総集編もあるので
ちょっと復習できますよ

「ソウ5」のレビューはこちら



それでは、また


コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« その献身とは | トップ | 2時間でも「24」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2009年 映画 レビュー」カテゴリの最新記事

トラックバック

●ソウ6(41) (映画とワンピースのこでまり日記)
え・・・まだ続くの・・・?