笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

2人の関係

2013年07月19日 | 2013年 映画 レビュー
6日のことですが、映画「さよなら渓谷」を鑑賞しました。

幼児殺害事件で母親が逮捕され隣の家に住んでいる尾崎俊介がその母親との不倫疑惑が、俊介の妻かなこの証言によって浮かぶ
週刊誌の記者の渡辺がさらに調査を進めていくうちに尾崎夫妻をめぐる15年前の衝撃的な秘密にたどり着き・・・

この夫婦の 2人の関係 それは、あまりにも・・・ 
深く 考えてしまう。

共感はできるだろうか? 
いったいどういう心理なのかと 

15年前の事件があたえた影響とは…

その真相までのミステリ感もありながらも
中盤でわかってからの展開が肝で

どう感じ、想えばよいのかと
この関係だからこそ わかりあえるものがあるのか

俳優陣の適役もあり、真木よう子のこの難しい役を巧みに演じているし
鈴木杏や井浦新の助演もまたいい味を出していて

特に大森南朋のこういう役はハマっているなぁと!

語らぬ良さも感じながらも
しかし あまりに語らぬ過ぎて感じとれなかった感もあるなぁと

パンフレット:700円
      内容もあり
      値段の価値ありかと

私的評価:3
    題材も良いし、深さもあり、雰囲気も出てるのだけど
    あまりにこちらに委ね過ぎというか、わからなかったかな

悪人の原作の著者の作品だし、ストーリーは良いですね
もう少しすれば「悪人」レベルまでなった気がするだけに・・・


それでは、また









最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (kazu)
2013-07-30 19:19:48
TBありがとうございました。
なぜかTB反映しないようです。
他の記事には送れたのに…

二人の関係、
特異で不思議な関係ですね。
他人には分からない二人だけの
結び付きができたのでしょうね。
kazuさんへ (リバー)
2013-07-30 21:22:34
コメント ありがとうございます。

2人だけの結び付き、この2人だからこその
この特異な関係は深いですね・・・

コメントを投稿