笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ある男の挑戦

2011年12月01日 | 2011年 映画 レビュー
29日のことですが、映画「マネーボール」を鑑賞しました。

アメリカ メジャーリーグ アスレチックスの
GM ビリー・ビーンの物語

メジャーリーグとはいえ 野球映画というよりは
人間ドラマ要素が強くて

ビリー・ビーンの生き様がカッコ良く
相変わらず ブラピの演技が素晴らしい

相棒となる ジョナ・ヒルもいい味で!
ただ フィリップ・シーモア・ホフマンは勿体無い気がしたが・・・

実話ということで 割と淡々と、劇的な展開は薄く
盛り上がりもそこまでで・・・

しかし、最後まで見せる力があり まったく飽きることなく
満足感も高かったですね

生き方、仕事、決断、父親として…
考えさせられる要素もあって

マネーボール理論に対して もう少し詳細に
効果が見れたら良かったとは思いますね。

パンフレット:700円
   内容もなかなか豊富
    表紙はシンプルですかイイですね

私的評価:4
    ソツなく まとまっており良かった
    ストーリー、演技、演出と どれもしっかりとしてました

脚本家が同じせいか どこか
「ソーシャル・ネットワーク」を思い起こさせましたね


それでは、また






コメント (8)   この記事についてブログを書く
« ついつい見てしまう奇妙な | トップ | ちょっとした幸せ感 »
最新の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
映画としては面白かったけど (KGR)
2011-12-07 20:33:33
野球は勝てばいいのか、というとそうでもないと思いますが、
本来もっと評価されていいはずの選手、
せっかくの才能を生かせず埋もれている選手を
別の視点から見て掘り起こし、活躍の場を与える。
それによって期待されている以上の力を発揮することもある、
そういう点は面白かった。
ロビン・ライトはどこ (クマネズミ)
2011-12-07 21:49:21
今晩は。
TBをありがとうございます。
映画は良かったと思いますが、劇場用パンフレットが野球の方に偏していて、ビリーの別れた妻・シャロンを演じるロビン・ライトの写真が一枚も掲載されていないのはどうかなと思いました。
KGRさんへ (リバー)
2011-12-07 23:58:13
コメント ありがとうございます。

たしかに 違う視点から見る
今までとは違うやり方

興味深いですね
クマネズミさんへ (リバー)
2011-12-08 00:00:33
コメント ありがとうございます。

そうでしたね!
出演シーンが少なかったとはいえ・・・

大人の事情?
Unknown (Nakaji)
2011-12-27 13:56:35
こんにちは♪
いつもありがとうございます♪

>野球映画というよりは人間ドラマ要素が強くて・・

本当にそうですね。テンポもよくて見やすかったですww
Nakajiさんへ (リバー)
2011-12-27 22:24:43
コメント ありがとうございます。

いえいえ
こちらこそ 今後ともよろしくお願いします。
こんにちは (maki)
2012-04-30 09:52:16
野球は苦手なんですけれども
これは人間ドラマ部分が多く、面白くみられました
ブラピが演じた主人公像の演技がうまく、
実際に噛みタバコのくずをああして捨てていたんだと思うし(汚いですけど)
そういう意味ではまた新たにブラピの良いところを見つけた感じですね
makiさんへ (リバー)
2012-04-30 16:56:34
コメント ありがとうございます。

おっしゃるように 人間ドラマが軸ですよね
ブラピの演技も過剰ではない自然さがなんとも良かったです

コメントを投稿

2011年 映画 レビュー」カテゴリの最新記事