笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

男が見たものは果たして・・・

2016年03月14日 | 2016年 映画 レビュー
3日のことですが、映画「女が眠る時」を鑑賞しました。

作家の健二は妻の綾を伴いリゾートホテルで1週間の休暇に 作家としてスランプし就職を決めた彼は妻との仲もぎくしゃくしていた
無気力な時間を過ごしていた健二は初老の佐原と若く麗しい美樹のカップルに惹かれ佐原の部屋をのぞき見るようになり・・・

終始ミステリアスに、2組の男と女の模様

佐原と美樹の関係、過去とは そして起こる事件の真相は・・・
様々な謎に引き込まれながらも、真相は何かというより この雰囲気に浸るのが正解かと! 

どこまでが現実か、曖昧さもあり はっきりしない系ですね
そこが良くもあり、好みも分かれるところかと

出演者も適役で
ビートたけし、西島秀俊、忽那汐里、小山田サユリ、リリー・フランキーと

特にたけしさんの不気味さは流石というか、存在感は大きく
リリー・フランキーの変さも印象に残り

ウェイン・ワン監督の演出というか
アート寄りながらも、しっかりと引き込まれて

パンフレット:820円
      内容はしっかりとあり
      表紙も凝っていてなかなか

私的評価:3
    ゾクゾクする不気味さに引き込まれたが、いまいちすっきりせず
    ただ あのラストも余韻も含めて好みでしたが

豪華キャスティングでこういう作品が作られるのは、良いね


それでは、また


 



コメント   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« 浦沢直樹の世界 | トップ | 音楽と家族のドラマ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

2016年 映画 レビュー」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

女が眠る時 (映画好きパパの鑑賞日記)
 香港のウェイン・ワン監督が、スペインのハビエル・マリアス原作のミステリーを、オール日本人キャストで伊豆で撮影したという国際色豊かな作品。ミステリーといってもどこまでが現実で、どこまでが白昼夢か分からない幻想的なところもあり、理屈よりも感性に身をゆだね...
「女が眠る時」:ちょっと気取り過ぎでは? (大江戸時夫の東京温度)
『女が眠る時』は、ウェイン・ワン監督作品だけど電通&C.A.L製作で、日本(伊豆
女が眠る時~類似作品意外と多数 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。英題:While the Women Are Sleeping。ハビエル・マリアス原作、ウェイン・ワン監督。ビートたけし、西島秀俊、忽那汐里、小山田サユリ、リリー・フランキー、新井浩文、渡辺真 ...
「女が眠る時」 (元・副会長のCinema Days)
 くだらない。存在価値無し。この作品を企画した人間、カネを集めたプロデューサー、全国拡大公開に踏み切った興行主、みんなまとめてゴミ箱に放り込んでやりたい。  一週間の休暇を取って、妻とともに伊豆のリゾートホテルに宿泊している作家の健二は、以前は文壇か....
女が眠る時 (映画的・絵画的・音楽的)
 『女が眠る時』を渋谷TOEIで見ました。 〔本作は「ミステリー」とされていますが(注1)、以下かなりネタバレしますので、未見の方はご注意ください〕 (1)ビートたけしの主演作というので映画館に行ってみました。  本作(注2)の始めでは、「DAY 1」と字幕が出て、...
『女が眠る時』 生きているときの最期の姿 (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 『スモーク』のウェイン・ワン監督作品。  原作はスペイン人作家ハヴィア・マリアスによる短編小説「WHILE THE WOMAN ARE SLEEPING」。原作は日本が舞台ではないのだろうと思うのだが、映画版では日本が舞台となっており、出演陣も日本人(ビートたけし、西島秀俊、忽...
女が眠る時 ★★★ (パピとママ映画のblog)
『スモーク』などのウェイン・ワン監督がメガホンを取り、スペイン人作家ハビエル・マリアスの短編小説を映画化したミステリー。海辺のホテルを舞台に、偶然出会った男女の私生活をのぞかずにはいられない主人公の異様な心象風景を描写する。ビートたけしを筆頭に西島秀俊...
女が眠る時 (まてぃの徒然映画+雑記)
ビートたけし主演、自分の監督作じゃない映画に主演するのは久しぶりらしい。原作はスペイン人作家の小説です。 伊豆のリゾートホテルに来た清水健二(西島秀俊)と綾(小山田サユリ)。健二は処女作がヒットしたもののその後は鳴かず飛ばずの作家で、もう作家を辞めて....