笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

名作を映画館で 2

2013年07月08日 | 2013年 映画 レビュー
29日のことですが、映画「ゴッドファーザー」を鑑賞しました。

午前十時の映画祭にて見ました

何も言うこともないほどの名画ですね
しかし 僕は初見でして、前々から見たいと思っていたのですが・・・

マフィアの世界、マフィア ファミリーの人間模様
マフィアの大河ドラマといえばよいのか
 
壮大というか 長き物語ながら ストーリーは流れるように
さまざまな出来事を見せながら時が経っていく

177分という長さながら飽きはこずに見れましたね
ストーリー展開がどうなるのかと、引込まれて!

そして 俳優陣の演技がやはり見どころで
マーロン・ブランドは無論のこと、ジェームズ・カーンやロバート・デュヴァルも良かったですね

何よりもアル・パチーノ 彼が徐々に変わっていく様
初めての殺人シーンの緊迫感は見ごたえがあって

やはり名画としての風格、それは感じられましたね

パンフレット:なし

私的評価:3
    大河ドラマとしての大きさ、大作ながら飽きもこずに
    とはいえ思っていたほどの衝撃はなかったかな

言われてるほど響かなかったけど
やはり 続編は見てみたいですね


それでは、また



『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« ちはやの2期目 | トップ | ついに10年目! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2013年 映画 レビュー」カテゴリの最新記事

トラックバック

ゴッドファーザー1.2.3 (映画の話でコーヒーブレイク)
今回は、誰もが知ってる、泣く子も黙る?渋~い映画三部作です。 男性でこの映画が嫌いな方はいらっしゃらないですよね? DVD4枚、トータル9時間に及ぶパート?・?・?を一気に見ると 流石にちょっと(いえ、かなり)疲れましたが、 見ごたえのあるイタリア移民親子....