笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ベイマックスの愛くるしさよ

2014年12月26日 | 2014年 映画 レビュー
25日のことですが、映画「ベイマックス」を鑑賞しました。

ヒロは兄タダシを亡くし悲しみに暮れる そんな時兄が開発した風船のように膨らみのあるロボット、ベイマックスが現れる
苦しんでいる人を助けるケアロボット ベイマックスの優しさに触れたヒロは兄の死に不審なものを感じ真相を探るが・・・ 

安定のディズニーアニメですが、今作もやはり面白い

最近では もう大ヒットしたアナ雪があるわけですが
あれが女の子向けなら、本作はシュガー・ラッシュらの系譜というか 男の子向けかな

とはいえ 大人から子どもまで楽しめる作品ですが

しかし これ かなり予告等の雰囲気、伝えられている感じと違くて
なんとなくベイマックスとヒロの友情モノ、感動系かと思いきや・・・

その部分もあるのだが、言ってしまえばヒーローものなんですよね!

そもそもそが マーベル原作であるわけで
原題もビックヒーロー9 ですし

ヒーローものアニメといえば インクレディブルを思い出すが まさにで
あれと比べるのは酷だけどね・・・

技術を使った武器、ガジャット感は楽しいし
後半からのアクションや対決シーンは魅せてくれて

そしてベイマックスのユーモア性が楽しく
愛くるしいキャラですよ

パンフレット:720円
      内容はそれなりに
      ディズニーアニメ パンフなんでいつも通りの作りというか

私的評価:4
    アニメらしい活劇とヒューマンな感動 笑いとしっかりと押さえている良さ
    冒頭のおなじみ短編アニメもクオリティ高いです

マーベルということで、あの方も登場です 笑
これは知らないと何のこっちゃという話ですが・・・


それでは、また



 


コメント   この記事についてブログを書く
« 長い長い、美術館が出来るま... | トップ | イブの夜、酒とともに »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

2014年 映画 レビュー」カテゴリの最新記事