笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ジャズと青春と

2012年07月07日 | アニメ
アニメ「坂道のアポロン」を見ました。

フジにて 木曜深夜にやってました

1966年 長崎 佐世保を舞台に高校生の薫、千太郎、律子を中心に
友情、恋模様を描く青春モノ

そして 大きな軸となるのがジャズ!

いや~ ジャズが好きなのもあるが
良かったですね

薫と千太郎の友情、薫と律子の恋模様
青春劇のストーリーだけ見ても良質で

やはり、原作が既刊していることもあり
無理もなく、納得も出来て

全12話 ちょうど良かったなぁと

そして、ジャズシーンがやはり素晴らしくて
イイですね~

奇を狙った作品ではない、
音楽と青春、恋と定番ともいえるが

予想以上に満足な作品でした


文化祭のシーン 名シーンですね




それでは、また

コメント   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
« 大人なルパン | トップ | 母親と子とは・・・ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

アニメ」カテゴリの最新記事

12 トラックバック

坂道のアポロン #12 (日々の記録)
今期一番の良作、「坂道のアポロン」もいよいよ最終回です。 薫の前から姿を消してしまった千太郎の消息は、その後もつかめませんでした。大切な友人を失って、薫はなんだか全てが投げやりに見えます。そし...
坂道のアポロン 第12話「オール・ブルース」 (Spare Time)
『姿を消した千太郎。薫はその現実を冷静に受け止めようとするあまり、律子を傷つけてしまう。気持ちがすれ違ったまま、薫は東京の大学に合格し、町を離れる日が来るが…!?奇跡的に出会った薫と千太郎がジャ...
『坂道のアポロン』#12「オール・ブルース」(最終回) (ジャスタウェイの日記☆)
「西見君、2年の文化祭の君たちの演奏、 僕はきっと一生忘れないよ」 千太郎が姿を消し、薫は一時成績を落としたようだが今は主席に復帰。 それは嫌なことから逃れようと、勉強に走ったせいか? りっちゃんもそんな薫を心配したが、 今はあまり話をしたり、一緒に...
坂道のアポロン フジ(6/28)#12終 (ぬる~くまったりと)
第12話 最終回 オール・ブルース 公式サイトから姿を消した千太郎。薫はその現実を冷静に受け止めようとするあまり、律子を傷つけてしまう。気持ちがすれ違ったまま、薫は東京の大学に合格し、町を離れる 日が来るが…!?奇跡的に出会った薫と千太郎がジャズを通じて共...
坂道の向こう (マイ・シークレット・ガーデン vol.2)
オゾン層! 最後まで、涙、涙でした~ 『坂道のアポロン』 ♯12 オール・ブルース(All Blues ) 最終回 薫は、ひとりになりに来たんじゃないのかな? それなのに、屋上は以前とは違ってたくさんの生徒たちが遊んでいます。 薫を見つけて声をかける星児。 彼なり...
文化祭のスペシャルJAZZセッションに震えた ─ アニメ 坂道のアポロン O.S.T. (Prototypeシネマレビュー)
─ 坂道のアポロン オリジナル・サウンドトラック ─ 先日最終回を迎えたアニメ「坂道のアポロン」。いやー、この作品はほんとに清々しい青春作品で良かった。ラストも少し「?」 ...
坂道のアポロン 最終回 「オール・ブルース」 感想 (うつけ者アイムソーリー)
捨ててしまったものは戻ってこないけれど、失くしてしまったものは急に帰ってくることがある。
坂道のアポロン 第12話「オール・ブルース」 (いま、お茶いれますね)
第12話「オール・ブルース」 千太郎が姿を消してムカエレコードの地下室からも足が遠のいてしまった薫。 千太郎を忘れるために勉強をしたのか、一時期下がっていた成績も元にも戻りました。 成績は上...
坂道のアポロン第12話(最終話)感想 (うたかたの日々 でぼちん珠洲城遥万歳)
#12「オール・ブルース」 されどわれらが日々。 柴田翔が「あの時代」を描破した
坂道のアポロン:12話感想&総括 (しろくろの日常)
坂道のアポロンの感想です。 それぞれが進んだ道。
坂道のアポロン 第12話(最終回) 「オール・ブルース」 簡略感想 (雨男は今日も雨に)
いつまでも思いは変わらず・・
坂道のアポロン・第12話 (新・たこの感想文)
「オール・ブルース」 千太郎が失踪して数ヶ月。受験勉強も本格化し、薫と律子の関係もギクシャクと……。 「やがて忘れる」 とか、そういうのを連呼したけど、考えてみたら、これって、1話辺りの薫に戻...