笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クドカン的学園青春モノ

2014年12月23日 | 日本ドラマ
ドラマ「ごめんね青春」を見ました。

TBSにて 日曜9時からやってました

クドカンこと 宮藤官九郎脚本による連ドラ

まさか日曜9時でクドカンとは!
あまちゃん 効果もあるとは思うけど…

いや~ クドカンらしさはあり、笑えて
だけど この枠ではないタイプの作品だったかもなぁと

いや、クドカンが悪いわけではなくて
ドラマ自体は面白かったけど

仏教男子校とカトリック女子校の合併 共学化
合同での文化祭を軸に

学園モノであり、青春モノであり、恋愛もあり
多様な要素がありながら

そのキャラ、俳優の使い方
過去を含めた ストーリー展開は流石クドカンだし

いちいち 上げていたらキリがないほどのネタやギャグの面白さ

主演の錦戸亮のちと頼りない感じも悪くなかったし、相変わらずキレている満島ひかりの演技
生瀬勝久、坂井真紀のコメディエンヌぶりも◯

森下愛子もクドカンドラマらしい役でオイシイですね

そして 個性豊かな生徒たち
有名 無名は抜きにして 皆がハマっていたなぁと

総じて 若干 まとまりに欠けた感もあるし
クドカンにしては割と普通なストーリーだったかなぁと

とはいえ スピード感あり、クドカンワールドはやはり面白いなぁと


それては、また




コメント   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« それぞれのN ~ ドラマ編 | トップ | ロシア、ある女性の決断 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本ドラマ」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

ごめんね青春! (第10話 最終回・12/21) 感想 (ディレクターの目線blog@FC2)
TBS系日曜劇場『ごめんね青春!』(公式) 第10話/最終回『忘れない!青春ほど楽しい授業はなかった!』の感想。 【注】本記事は管理人の好き嫌いで書いています。本作をを楽しくご覧になった方や、出演者や原作、脚本家や演出家等のファンの方は読まない方が良い...
ごめんね青春! 最終回「忘れない!青春ほど楽しい授業はなかった!」 (のほほん便り)
サブタイトルが、またイイですねぇ。文化祭の雰囲気も懐かしくて、楽しかったのでした。東京に転校した 中井 (黒島結菜) も存分に楽しめたし、みしまるくんも居たし、村井(小関裕太)が三女の制服姿で、嬉々としてて、本当に良かったです。焚き火を囲んで、フォークダン...
青春で逝けなかった皆さんのために!(錦戸亮) (キッドのブログinココログ)
春なのに冬の使い残しの灯油があって思わず頭からかぶって点火したりね。 門限の時間が気になってちょっとスピード出しすぎて首都高のカーブを曲がりきれなかったり。 生まれつき、心臓に爆弾を抱えていたから。 好きで好きで好き過ぎて高いビルからまっさかさま・・・。 ...
【 ごめんね青春! 】 第10話 (最終回) 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
先生のおかげで この2日間、すっげえ楽しかったです。 俺達この先、進学して、就活して、就職して社会に出て、何一ついいことが なかったとしても、この高3の2学期だけは最高でしたって胸張って言えます。 本当にありがとうございました! ごめんね青春! ...
ごめんね青春! #10 最終回 (ぐ~たらにっき)
『忘れない!青春ほど楽しい授業はなかった!』
ごめんね青春! 最終話~やっと青春を卒業できましたね (平成エンタメ研究所)
 やっと過去を清算できた平助(錦戸亮)。  まあ、清算と言っても礼拝堂の火災の真相は曖昧(現実はミステリのように明解な答えが出るわけではない)でしたが、ともかく自分の心の中のモヤモヤしたものを吐き出すことが大切。 「ごめんね」することが重要。  これで平....
『ごめんね青春!』 最終回 (美容師は見た…)
〈青春。 それは神様からレンタルしている貴重な時間。 コメディーでもシリアスでもホラーでも。 いずれ返却しなくちゃいけません。 いい年してしがみついてると、 高い延滞料金を払わされます。 彼のように〉なるほど~。上手いこと言いますね。それを平助を使って...
ごめんね青春! (Akira's VOICE)
最終回の感想