笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

名作を映画館で 4

2014年02月24日 | 2014年 映画 レビュー
17日のことですが、映画「アラビアのロレンス」を鑑賞しました。

午前十時の映画祭にて

この午前十時~はどれもが名作ながら
本作は もうまさにというか、さまざまなTOP映画の常連でもありますからね

そんな 名画ながら初の鑑賞!

基本としては 主人公ロレンスの波乱の半生
これが史実というのだから驚き

ロレンスのキャラ、格好良さと
演じるピーター・オトゥールの熱演も素晴らしく

ストーリーの壮大さというかスケールも大きく

アラビアの画の広大さ、美しさ
これぞまさに大作といえる作品ですね
 
冒険は最後まで飽きずに引っぱりますね
長尺ながらも見れました

技術的なこともあるだろうけど それよりも・・・
まさに映画らしい作品というか、これぞ映画だからこそのスケールで描けるというか

そして唯一無二の輝きがありますね

パンフレット:なし

私的評価:3+
    歴史大作、この大作っぷりは 今ではできぬ凄さが
    ちと長尺過ぎる感もあるけど

やはり、名作は見とくべき意味がありますね


それでは、また










『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« 空想が現実に勝るとき | トップ | エイズになり 輝きだす、 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2014年 映画 レビュー」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

「アラビアのロレンス」(午前十時の映画祭) (きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ))
スクリーンで見るのは、 自主上映時代も入れて7回目ぐらいかなあ。 TV放映版もビデオに録画しているし 市販DVDも持っている。 それでも、スクリーンで見られるとなれば つい行ってしまう。 4時間弱で1000円なんだから 安いよねー。 話の展開も台詞もわかりきっ...
アラビアのロレンス (うろうろ日記)
午前十時の映画祭で見ました。ベン・ハー同様、音楽(overture)からスタート
「アラビアのロレンス 完全版」 (或る日の出来事)
デビッド・リーン監督の名作のリバイバル上映。コロンビア映画85周年、同日本支社設立75周年記念作品。 デジタル音声のニュープリント・ヴァージョンを、新宿の映画館テアトルタイムズスクエアで観ることができた。
アラビアのロレンス (ダイターンクラッシュ!!)
2009年2月7日(土) 14:45~ テアトルタイムズスクエア 料金:1000円(テアトル会員Club-C会員料金) パンフレット:1000円(買っていない) アラビアのロレンス 完全版 [DVD]出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメントメディア: DVD 『アラビアの...
「アラビアのロレンス」 (It's a wonderful cinema)
 1962年/アメリカ  監督/デヴィッド・リーン  出演/ピーター・オトゥール      オマー・シャリフ      アレック・ギネス      アンソニー・クィン  第一次大戦中、トルコと戦うためにアラブの民を指揮した英国の軍人ロレンスの物語。監督は...