笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

何度も死することで、

2014年07月11日 | 2014年 映画 レビュー
28日のことですが、映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を鑑賞しました。

侵略者と人類の戦闘中 ケイジ少佐は戦死。しかし死んだはずのケイジが意識を取り戻すと周囲の時間は戦闘が始まる前に戻り
不可解なタイムループから抜け出せなくなる 戦いと死を何度も繰り返し 経験を積んで戦闘技術を磨きあげていくケイジは・・・

いわいるタイムループもの
この手のものは けっこう技巧や脚本の妙で魅せたりしますが…

本作は戦場を舞台にしているのがミソか
何度も何度も繰り返すことで 強くなるという!

けっこう言われているがゲーム感覚に近いというか
まさにコンテニュー的な発想で

このギミックが作品を面白くしているなぁと

もちろん それだけではなく
ストーリーもそれなりにしっかりとあり!

ループの謎やこの戦いの決着のつけ方など なかなかですね

ロボットスーツの格好良さや侵略者などの造形などもいい感じだし
ありそうでなかったというか、ストーリーなんかもそんな感じで

ループものは最近もありましたが
ここまで娯楽作、大作としての作品はなかったのではと

そして トム・クルーズ主演という意味も大きいなぁと

パンフレット:820円
      内容もしっかりとあり
      値段通りのボリュームかと

私的評価:4
    ループものとしての面白さとSFアクションとしての魅せ
    万人にオススメできるかと

久々にハリウッド大作を見た感じですが
元は日本原作というね


それでは、また


コメント   この記事についてブログを書く
« 安定の優しい物語 | トップ | 意外と儲かるジゴロなビジネス »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

2014年 映画 レビュー」カテゴリの最新記事