笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アニメ的快楽は夢の中

2015年07月15日 | 2015年 映画 レビュー
29日のことですが、映画「コングレス未来学会議」を鑑賞しました。

40歳を超え旬を過ぎた女優ロビン・ライトは絶頂期の姿をスキャンしデジタルデータを映画会社が好きなように使える契約を結ぶ。
このためロビンは演技は禁止され表舞台から退いてから20年後、映画会社が開く未来学会議に招かれたロビンは・・・

なんとも不思議なSF作品というか
一筋縄ではいかない、ひと捻りあり!

まず俳優をデジタルデータに移行するという、言えばCG人物という
「シモーネ」という作品もあったけど、新鮮というか

しかも、名前もリアルにロビン・ライトという、現実感を感じさせながら
映画界の裏側的な面白さもあり!

そして、20年後の世界はアニメになるという
このアニメーションの感じがまた味があるというか 

トリップ感がありつつ、なんとも飲み込まれるかのようなね

画としてのトリッキーさもありながらも
ストーリーもけっこう練られてるというか、予想がつかず

そして 終盤でアニメから現実に戻る場面はなんとも衝撃
これは同監督の前作でも使った技だが 印象の残るね 

とにかく 新鮮な作品で楽しめました。

パンフレット:600円
      内容はそれなりに
      レビューもあり 値段のわりに良い

私的評価:4
    これはちと偏愛作品かもしれないほど好みでした
    ストーリーや画といい 新鮮な良さがありましたね

かなり変化球な作品だけに 好みは分かれるかもですね


それでは、また







コメント   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
« 富良野の便利屋です | トップ | 捨てられた物たちの想いは大... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2015年 映画 レビュー」カテゴリの最新記事

6 トラックバック

映画:コングレス未来学会議 The Congress この映画のネタは超最新=オードリー・ヘップバーンのフルCG! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
最近、SFもの映画の充実を実感している。 昨年末のぶっ飛び「インターステラー」も素晴らしかったし、最近では Ex Machina とか(別途アップ予定) 今日ご紹介するこの映画も、その驚きの文脈上にある。 実は全く予備知識なく、最近凄みが増しているロビン・ライト主...
コングレス未来学会議 (佐藤秀の徒然幻視録)
ひょっとして脳内会議? 公式サイト。イスラエル=ドイツ=ポーランド=ルクセンブルク=フランス=ベルギー。英題:The Congress。スタニスワフ・レム原作、アリ・フォルマン監督。ロビ ...
「コングレス未来学会議」:アニメがもっと革命的だったらなあ (大江戸時夫の東京温度)
映画『コングレス未来学会議』は、かなり異色のSFでした。原作はあの『ソラリスの陽
ショートレビュー「コングレス未来学会議・・・・・評価額1700円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
幻想の未来を求めて。 「戦場でワルツを」の異才アリ・フォルマン監督による、異色の近未来SF。 スタニスワフ・レムの原作「泰平ヨンの未来学会議」は未読だが、監督によると大幅に脚色されているそうな。 果たしてこれはディストピアなのか、それともユートピアなの...
永遠のロビン・ライト スタニスワフ・レム アリ・フォルマン 『コングレス 未来学会議』 (SGA屋物語紹介所)
第81回アカデミー外国語賞を『おくりびと』と争ったアニメ映画『戦場でワルツを』。
コングレス未来学会議 ★★★ (パピとママ映画のblog)
『戦場でワルツを』などのイスラエルの鬼才アリ・フォルマン監督がメガホンを取り、スタニスワフ・レムのSF小説「泰平ヨンの未来学会議」を基に描いた異色作。実写とアニメーションを見事に織り交ぜ、欲望にまみれた人類がたどる驚異の未来を活写する。本人役で主演を務め...