笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

その人が変えた野球

2013年11月17日 | 2013年 映画 レビュー
5日のことですが、 映画「42 ~世界を変えた男~」を鑑賞しました。

黒人初のメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソンの物語
いわいる伝記モノで、一生ではなく メジャーリーガーになっていく部分を描いていて

人種の壁、差別というものを乗り越え 実力で成功していくという
その差別はなかなか強く、これが実際だったんだろうなぁと

やり返さない勇気!
まさに周りを変えていく展開

初めて知った主演のチャドウィック・ボーズマンも良いけど
ハリソン・フォードのGMが味があっていい役で

作りとしてはオーソドックスで
良作だし、悪くはないけど・・・

それ以上の良さや感動はなかったかな

この作品のメッセージや意味は素晴らしいし 見るべきかとは思うけど
まだまだ知らぬ偉人がいるのだなぁと

パンフレット:700円
      内容もあり悪くないかと
      作りもオーソドックスですね

私的評価:3
    悪くはないけど取り立てて良さも感じず
    ちと期待し過ぎたかな

野球シーンの興奮があればなぁと
あくまでジャッキー・ロビンソンのドラマが強いですね


それでは、また




コメント   この記事についてブログを書く
« 尊厳死問題の中で・・・ | トップ | サイコパスという魅力 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

2013年 映画 レビュー」カテゴリの最新記事