笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

湯川と少年

2011年12月22日 | 小説
小説「真夏の方程式」を読みました。

著者は 東野 圭吾

あのガリレオ 湯川シリーズ
新作長編です

今回もやはり読みやすく
引き込まれますね

ストーリーとしてシンプルというか
オーソドックスで

ただ、肝心のミステリーとしては普通
トリックも弱く・・・

それよりも ドラマ部分が大きく
それぞれが想う気持ち、信念が・・・

人間関係の絡みが強く

なんと言っても
今回 湯川と少年の交流が1つの肝ともいえて

この2人のやりとりは
やはり良いですね

まぁ 今までとは違った
ガリレオシリーズだった気がします

私的評価:3+
    ちょっとトリックを期待しすぎたかな
    とはいえ 一定クオリティはあり流石

また容疑者Xのような
驚きを味わいたいですね


それでは、また





コメント   この記事についてブログを書く
« 恋をしよう! | トップ | ミタを見た。 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

小説」カテゴリの最新記事