笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

11分後にそれぞれは・・・

2016年09月01日 | 2016年 映画 レビュー
28日のことですが、映画「イレブン・ミニッツ」を鑑賞しました。

女たらしの映画監督、やきもち焼きの夫、刑務所から出てきて間もないホットドッグ屋、
強盗に失敗した少年など、大都会で事情を抱える11人の男女と1匹の犬 午後5時から5時11分まで、わずか11分間の人間模様

カンヌ、ベネチア、ベルリン国際映画祭で受賞経験のあるポーランドの巨匠イエジー・スコリモフスキ監督作
といっても 知ってはいるが そこまで監督作を見たことあるわけでもなく・・・

群像劇スタイルで11分間の出来事を描くという 設定に惹かれまして!

うーん、個々のストーリーにいまいち引き込まれず
飽きずには見られたけど・・・

最後の最後になって加速する展開、繋がっていく感じはグッと緊張感高まるし
最後の結末はなかなか!

とはいえ、衝撃さは思っていたほどではなく

まぁ、この監督らしいというか
設定や予告の感じからあるサスペンスやエンタメ性は薄くて

いろいろと考え、アート性というかいろいろと示唆を感じさせてくれるかな

パンフレット:700円
      レビューなどもあり 内容もなかなか良いね
      この表紙の絵は・・・

私的評価:2+
    ちと評価が厳しろかな・・・
    期待もあっただけに、もっと難解なら難解で良かったなぁとも

なんともエンタメ寄り、アート寄り とどっち付かずというかね


それでは、また






コメント   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« 6つの謎 | トップ | 女性版ゴーストバスターズ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

2016年 映画 レビュー」カテゴリの最新記事

8 トラックバック

【映画】ある一点に向かって運命が交錯する『イレブン・ミニッツ』 (アリスのさすらい映画館)
イレブン・ミニッツ(2015) ポーランド/アイルランド 原題:11Munites 監督/脚本:イエジー・スコリモフスキ 出演:リチャード・ドーマー / パウリナ・ハプコ / ヴ......
「イレブン・ミニッツ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「11 minut」...aka「11 Minutes」2015 ポーランド/アイルランド ポーランド、ワルシャワを舞台にP.M.5時からP.M.5時11分の日常を描いた群像サスペンス・ドラマ。 映画監督リチャード・マ......
イレブン・ミニッツ〜「11」は不吉の番号 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:11 minut。ポーランド=アイルランド。イエジー・スコリモフスキ監督。リチャード・ドーマー、ヴォイチェフ・メツファルドフスキ、パウリナ・ハプコ、アンジェイ・......
イレブン・ミニッツ  (映画好きパパの鑑賞日記)
 ポーランドの巨匠、スコリモフスキ監督のある意味実験的なサスペンス。午後5時からの11分間、多彩な登場人物のさまざまな動きと、その一気に収束する様子を描いているのですが......
『イレブン・ミニッツ』 イレブンの意味あるいは無意味 (映画批評的妄想覚え書き/日々是口実)
 『出発』『アンナと過ごした4日間』『エッセンシャル・キリング』などのイエジー・スコリモフスキ監督の最新作。    5時に始まり5時11分に終わる物語。予告編でもそんな......
イレブン・ミニッツ (映画的・絵画的・音楽的)
 『イレブン・ミニッツ』をヒューマントラストシネマ渋谷で見ました。 (1)評判が良さそうなので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の舞台はワルシャワでしょう(注2)。 ......
イレブン・ミニッツ (映画三昧、活字中毒)
■ ヒューマントラストシネマ有楽町にて鑑賞イレブン・ミニッツ/11 MINUT 2015年/ポーランド、アイルランド/81分 監督: イエジー・スコリモフスキ 出演: リチャード・ドーマー......
イレブン・ミニッツ (rambling rose)
午後5時を告げる鐘が街に響き渡る頃、ある男が女優である妻を追いかけ家を飛び出す。また同じ頃、ある男は道端でホットドッグを売り、ある女は人命救助へと向かう・・