笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

11分後にそれぞれは・・・

2016年09月01日 | 2016年 映画 レビュー
28日のことですが、映画「イレブン・ミニッツ」を鑑賞しました。

女たらしの映画監督、やきもち焼きの夫、刑務所から出てきて間もないホットドッグ屋、
強盗に失敗した少年など、大都会で事情を抱える11人の男女と1匹の犬 午後5時から5時11分まで、わずか11分間の人間模様

カンヌ、ベネチア、ベルリン国際映画祭で受賞経験のあるポーランドの巨匠イエジー・スコリモフスキ監督作
といっても 知ってはいるが そこまで監督作を見たことあるわけでもなく・・・

群像劇スタイルで11分間の出来事を描くという 設定に惹かれまして!

うーん、個々のストーリーにいまいち引き込まれず
飽きずには見られたけど・・・

最後の最後になって加速する展開、繋がっていく感じはグッと緊張感高まるし
最後の結末はなかなか!

とはいえ、衝撃さは思っていたほどではなく

まぁ、この監督らしいというか
設定や予告の感じからあるサスペンスやエンタメ性は薄くて

いろいろと考え、アート性というかいろいろと示唆を感じさせてくれるかな

パンフレット:700円
      レビューなどもあり 内容もなかなか良いね
      この表紙の絵は・・・

私的評価:2+
    ちと評価が厳しろかな・・・
    期待もあっただけに、もっと難解なら難解で良かったなぁとも

なんともエンタメ寄り、アート寄り とどっち付かずというかね


それでは、また







最新の画像もっと見る

コメントを投稿