笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2008年、冬ドラマを語る-3

2008年03月28日 | 日本ドラマ
数多くあるドラマの中でいったいどんな話なのだろう、ジャンルは?
ある意味で1番気になった作品が「鹿男あをによし」だった。
題名からも何のこっちゃといった感じである。

しかし、見てみるとおもしろい!!
とにかくストーリーも予測不能で奇想天外であった。
ジャンル分けも難しいと思う。

また、登場人物のキャラクターもおもしろい。
藤原先生や重さんは良かったですね。
先生方は全員クセ者ぞろいで笑えました。

演じる俳優さんも豪華でした。
教員の方では児玉さんや篠井さん、キムラさん、酒井さんなど・・・
いい俳優さんそろえてました。

また、鹿の声は山ちゃん、ネズミは戸田恵子さん
そして、ナレーションは中井貴一さんなどちょっとしたところまで配役はグットでした。

また、多部未華子ちゃんの演技も巧かった。
謎めいた感じが合ってたと思います。
これからにも期待です。

そして、玉木くんの好感が私的にあがりました。
今まではあまり気にしてなかったですが・・・
良いですね。

とにかく、次回が気になるドラマでした。
ありえない話ですがスケールのでかい、圧倒的おもしろさがありました。

最終回はゆっくりとした感じがまた、良かったです。

このドラマも音楽がいいですね。
原作も読みたいです。

あと、歴史の勉強にもなったかも・・・


それでは、また




コメント   この記事についてブログを書く
« 2008年、冬ドラマを語る-2 | トップ | 2008年、冬ドラマを語る-4 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日本ドラマ」カテゴリの最新記事