笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

太田さんらしい

2012年09月07日 | 小説
小説「マボロシの鳥」を読みました。

著書は 太田 光

読書家としても知られる太田さんの処女小説
エッセイ等は読んだことありますが 果たして小説では・・・

9つの短編集

どれも色が違くて
SF的という、ファンタジーというか

しっかり小説として読め
読みやすさもありましたね

どの話も寓話的に展開しながらも
そこに見えるのは 今あるさまざまな問題

戦争、テロ、いじめ、孤独、恐怖・・・
しかし そこに希望や愛が感じられて

どの話もメッセージ性が強く
それがいかにも太田さんらしいというか

まぁ そういうのも含め賛否はありそうですが・・・

私的にはかなり面白く読めましたね

私的評価:5
    太田ファンということもありちょっと甘めかな 笑
    さまざまな話があるので飽きないですね

私的には 人類諸君! が1番良かったかな
荊の姫、ネズミ、魔女 あたりも好きでした


それでは、また




コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« 忙しき日々も過ぎて・・・ | トップ | 最強の友情 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

小説」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

『マボロシの鳥』/太田光 ○ (蒼のほとりで書に溺れ。)
お笑いコンビ〈爆笑問題〉の太田光さんの、短編小説集。2010年の秋に出版され、話題になっていたこの『マボロシの鳥』ですが、もともとは読む予定じゃなかったんですよね、私。だけど、影絵作家の藤城清治さんが表題作「マボロシの鳥」を絵本化、ということで俄然興味が出...
太田光『マボロシの鳥』 (itchy1976の日記)
マボロシの鳥太田 光新潮社 今回は、太田光『マボロシの鳥』を紹介します。爆笑問題の太田光氏が初めて書く小説(9編の短編小説)ですね。太田光氏が有名だから成り立っている小説なんだろうね。無名の人がこういう小説を書いたところで書店に並ぶこともないだろうなとい....
太田光 マボロシの鳥 (InnocentWorld~雑念)
マボロシの鳥 (11月21日)
刊行された当初から気にはなっていたのですが結局読まないままずるずると。 近所の図書館で見つけたので手にとってみました。 正直二話目、三話目でめげそうになりました。ものすごいしょぼんとしてしまって。読むのが辛かったです。 目次でタイトルを読んだ時点ではどん....
「マボロシの鳥」太田光 (ナナメモ)
JUGEMテーマ:読書 ここに似たどこかで、僕たちに似た誰かに起きた“9つの奇跡”。爆笑問題・太田光、ついに小説家デビュー。