笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

未来を舞台にシャマランを

2013年07月15日 | 2013年 映画 レビュー
3日のことですが、映画「アフター・アース」を鑑賞しました。

地球を捨てほかの惑星へ移住した未来、兵士サイファと息子キタイを乗せた宇宙船にトラブルが発生し機体が破損
他のクルーたちは死亡しサイファも重傷を負う。
キタイは緊急シグナルを探しだそうとするがそこは人類を消し去るために進化した地球で・・・

ストーリーはキタイがシグナルを探す冒険、成長物語で
展開としては単純だし、盛り上がりも少し弱い気がしますね

まぁ 最後まで飽きずには見られますが・・・

SFながらも どこかアナログというか独特の世界観は
良くいえば味があるなぁと、ツッコミどころもあるが 笑

サイファとキタイの親子ドラマ、姉の死の過去など
親子関係や喪失、子どもを主軸にしているのは監督らしいなぁとも

また、鳥や動物、クリーチャーなどの描写だったりと
シャマランもモチーフを感じられますね

とはいえ、まだまだ本領発揮とはいえないなぁと・・・ 

見どころとしては
主人公が覚醒した後の戦いは格好よかったですね

パンフレット:700円
      レビューもあり良いですね
      シャマラン論があるのも嬉しい

私的評価:3+
    前作でも思ったけど シャマランらしさは少なく
    ちとシャマランには甘いかも、無難な作品にもなっているのだけどね

良くも悪くもウィル・スミス親子の映画といった感じ
息子ジェイデン君は頑張ってましたね


それでは、また








コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 歪んだ青春アニメ | トップ | うさぎとマツコ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

2013年 映画 レビュー」カテゴリの最新記事