笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

音楽モノ ミステリー

2011年04月03日 | 小説
小説「さよならドビュッシー」を読みました。

著書は 中山 七里

祖父と従姉妹とともに火事に巻き込まれた 16歳の遥
ただ1人 生き残るも全身大火傷の大怪我を負ってしまった
それでも ピアニストを目指し コンクール優勝に向け 猛レッスンをするのだが
周りで不審な出来事が起こり 殺人まで・・・

第8回『このミステリーがすごい!』大賞受賞作であります

ミステリーというよりかは 音楽モノの要素が強い印象
コンクールに向けての頑張り、そこで遥が成長する スポ根

音楽の描写も丁寧で しっかりと
なかなか読ませますね

ピアノ、クラシックを知ってる人は
より楽しめるかと思います

とはいえ、前にも感じたが
実際には聴こえないわけで、どうしても感動度は薄まるなぁと・・・

ミステリーの方は 驚きではありますが
なんか 納得しがたい感じでしたね

唐突感もありますが、ミステリー度的にも薄く
ちょっとがっかりではありました

私的評価:3
    ミステリーとしては微妙でしたね
    とはいえ 最後まで飽きはこなかったです

同じ著書で岬洋介が登場する「おやすみラフマニノフ」もあるそうで
少し 気になりますね


それでは、また

『小説』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« はい、楽しかったです。 | トップ | せつない運命 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

小説」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

『さよならドビュッシー』 中山七里 (【徒然なるままに・・・】)
私立高校の音楽科への推薦入学が決まった香月遥は、ピアニストを目指している少女だった。だがある日火事に遭い、同居していた祖父と従姉妹を喪い、自らも全身大火傷を負ってしまう。絶望の淵に立たされた遥だったが、彼女の前に音楽講師で気鋭のピアニストである岬洋介が...
さよならドビュッシー (Akira's VOICE)
中山七里 著 
「さよならドビュッシー」 中山七里 (タケヤと愉快な仲間達)
【あらすじと解説】 ピアニストからも絶賛!ドビュッシーの調べにのせて贈る、音楽ミステリー。ピアニストを目指す遙、16歳。祖父と従姉妹とともに火事に遭い、ひとりだけ生き残ったものの、全身大火傷の大怪我を負う。それでもピアニストになることを固く誓い、コンクール...