笑う社会人の生活

笑う学生の生活 改め
主に、映画やドラマ、小説、音楽などの私的な趣味のことや日々の出来事を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

唯一無二の

2011年08月29日 | 2011年 映画 レビュー
19日のことですが、映画「ツリー・オブ・ライフ」を鑑賞しました。

ブラット・ピット、ショーン・ペン
カンヌ パルムドール受賞作

と 話題作ですが・・・

何より テレンス・マリック監督の新作ということ

まさに、監督色が強い
一筋縄ではいかない作品でした

正直 全てが理解できたとは思いませんが
自分なりに考え 見ていくことはできました。

基本陣としては 家族ドラマなのですが・・・
そこから 地球誕生から神の存在まで考えさせられる

人間の根源とか死生観とか・・・

流石に この展開というか
あまりに大きなスケールさにヤラレました、深い

多くは語らずに 映像で見せていく

映像や音楽の美しさは群を抜いて素晴らしい
見せ方、カメラワークも凝っていて 凄い

非常に咀嚼が必要だが
最後まで引き込まれてしまった

難解ともいえますが
映画館で見る価値はあるかと思います。

パンフレット:700円
      解説、レビュー等が豊富
      こういう映画だけに買いだと思います

私的評価:4+
    いろいろ意見はあると思いますが
    私的には傑作だと思います

賛否両論は必至だと思いますね
覚悟をもち まずは見るべし


それでは、また






コメント   この記事についてブログを書く
« 女中の想い | トップ | 若き天才ジャズシンガー »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

2011年 映画 レビュー」カテゴリの最新記事