松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま宮城県を探索中。

宮崎の水彩画発展に貢献した古川重明と版画の黒木貞雄

2018-03-29 | 画人伝・宮崎

人物(読書)古川重明

文献:宮崎県地方史研究紀要第12号「宮崎の近代美術」、宮崎の洋画100年展、郷土作家美術コレクション展、宮崎近代美術創成期の美術家

宮崎の水彩画発展に貢献した画家として宮崎市の古川重明と、えびの市の吉田敏がいる。二人とも小中学校の美術教師をしながら水彩画を描き、主に日本水彩画会展に作品を発表した。古川は、宮崎の庶民生活を主題に描き、戦後は日本水彩画会の県支部長をつとめた。また、小説やラジオドラマを書いたり、新聞にカットや子ども向きの物語を連載したりと様々な方面で活躍した。

版画では、延岡市の黒木貞雄がいる。黒木は中学校の美術教師のかたわら、郷土をテーマに風景や石仏、郷土芸能などを多色刷りの木版画で色鮮やかに表現し、日本版画協会や国画会を舞台に活躍した。昭和38年に延岡市で開催した個展の際には、棟方志功が「兄の豪気あふれる充実された気魄と豊麗なる色彩は正に堂々の域を超えて真実なる版画の動脈に入っているのだ」と評している。長男の郁朝、二男の良典も木版画家として活躍した。

古川重明(1901-1956)
明治34年宮崎市生まれ。大正10年宮崎県師範学校を卒業し、県内の小中学校の教師をした。昭和9年戦後の宮崎美術協会の創立に参加、日本水彩展に出品し入選を重ねた。日本水彩画会においては戦後も県支部長をつとめながら出品、会友となった。戦後の県水彩画の発展に貢献した。昭和31年、55歳で死去した。

吉田敏(1915-1965)
大正4年えびの市生まれ。昭和10年宮崎県師範学校を卒業した。延岡市立恒富小学校を振り出しに県内の小中学校に勤務しながら制作活動を続けた。戦後、油彩画から水彩画に転向し、日本水彩展に出品。昭和34年の第47回展では日本水彩画会賞を受賞。同年会友に推薦されて以後無鑑査となった。昭和40年には第1回宮崎美術家集団展にも出品した。昭和40年、小林中学校に教頭として在職中、50歳で死去した。

黒木貞雄(1908-1984)
明治41年延岡市東海生まれ。浦々庵とも号した。昭和6年宮崎県師範学校専攻科を卒業後上京、川端画学校で入学、在学中から平塚運一に版画を学んだ。のちに恩地孝四郎にも教えを受けた。昭和10年日本版画協会展に、翌年国展に初入選、以後両展に出品した。昭和13年日本版画協会展で版画道賞を受賞、昭和15年記念大賞次賞を受賞し日本版画協会会員に推挙された。昭和26年延岡市文化功労賞を受賞。昭和32年宮崎県文化賞を受賞。昭和58年置県百年記念教育文化功労賞を受賞した。昭和59年、76歳で死去した。



水彩画 みづゑの魅力―明治から現代まで
青幻舎
『絵画(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 宮崎県女性洋画家の草分け・... | トップ | 制作と評論を並行して行ない... »
最近の画像もっと見る

画人伝・宮崎」カテゴリの最新記事