松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま宮城県を探索中。

西洋画の技法も取り入れた元王府絵師・仲宗根真補(査丕烈)

2018-06-26 | 画人伝・沖縄

七駿馬之図(部分) 仲宗根真補(査丕烈) 沖縄美ら島財団所蔵

文献:沖縄美術全集4、琉球絵画展、すぐわかる沖縄の美術

1879(明治12)年の沖縄県設置を経て、琉球王国は解体された。王国が崩壊すると、それまで王府につとめていた絵師たちは失業し、在野の絵師として生きていかなくてはならなくなった。佐渡山安健(毛長禧)のあとを受けて、1865年に王府の絵師となった仲宗根真補(査丕烈)も、廃琉置県後は絵師の職を解かれ、首里の地で制作活動を続けた。それまでとは異なり、さまざまな客層に向けて絵を描くようになり、晩年には西洋画の技法も取り入れて、自分の世界を作ろうとした。

残っている作品には、沖縄県立博物館・美術館所蔵の「首里旧城之図」のように売り絵的な作品がある一方で、沖縄美ら島財団所蔵「七駿馬之図」(掲載作品)のような意欲的な作品もある。それまでの王朝絵画に見られる馬の絵は、ほとんどが横向きだったが、この絵の7頭の馬は、それぞれが別の視線と方向性を持ち、異なった角度から描かれている。画家自身の心の在り方を映しているかのように、各々が意味ありげな表情をしている。

仲宗根真補(1843-1919?)
1843(天保14)年首里生まれ。唐名は査丕烈。童名は真三良、雅号は嶂山。仲宗根真栄の二男。家譜によると、1865年に絵師に登用され、筑登之座敷に叙せられたのが最後の記録になっている。作品に「七駿馬之図」のほか「琴碁遊山之図」「首里旧城之図」「山水図」「月下神猫図」「牡丹之図」などがある。1919年ころ死去した。



月刊目の眼 2017年8月号 (尚 王家の末裔 野津圭子さんと歩く 琉球〜沖縄)
目の眼
『絵画(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 八重山蔵元絵師・喜友名安信... | トップ | 琉球王国解体後も長く活動し... »
最近の画像もっと見る

画人伝・沖縄」カテゴリの最新記事