松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま宮城県を探索中。

すぐれた書画を残した高鍋藩秋月家十一代・秋月種樹

2018-03-03 | 画人伝・宮崎

曾経御覧 秋月種樹 高鍋町歴史総合資料館蔵
画面上部に押されている曾経御覧の方印は、かつて天皇がご覧になったという意味

文献:郷土の先覚者展、郷土の絵師と日本画家展

高鍋藩十代藩主・秋月種殷の弟でのちに養子となった秋月種樹は、幕末に外様大名としては異例の幕府若年寄となり、維新後は元老院議官や貴族院議員などをつとめた。その一方で、詩文、書画にすぐれ、風格ある書画を宮崎県内に多く残している。同好のものとは分け隔てなく交わったといい、延岡の鈴木月谷四屋延陵、日向の片岡米山河野立巌らと親交があった。徳川家茂の侍読をつとめた際には、登城の刀持ちなどの所用をつとめる係として安田守世が種樹に従っている。

秋月種樹(1833-1904)
天保4年江戸生まれ。高鍋藩十代藩主・秋月種殷の弟、のちに養子になった。将軍徳川家茂や明治天皇の侍読、大学大監などをつとめた。号に松溪、縮堂、楽山、氷壺、三十六湾外史、雲烟外史、千歳亭、千歳叟、古香などがある。幼くして塩谷宕陰、安井息軒などに学び、小笠原明山、本多静山とあわせて三公子と呼ばれた。幕末に外様大名としては異例の若年寄になった。明治維新のはじめ、公議所の議長となり代議政体の基礎を作った。さらに明治2年、大学大監として明治教育の要務に当たった。明治5年欧米を視察し帰国後元老院に入った。明治7年に種殷死去により家督を相続。明治10年西南戦争が起こると高鍋の藩士の自重のため奔走した。明治14年高鍋の旧城内に千歳亭を設け東京から移り住み、それ以来、各地に漫遊して風流を楽しんだ。県内には書画幅、石碑文など多数残っている。その後元老院議官や貴族院議員になり、高鍋と東京を往復して国政に参加した。明治25年から明治28年まで一時東京に居住し、明治32年保養のため神奈川県片瀬に移り、明治37年、72歳で死去した。



劉濶工筆花鳥画技法 禽鳥草虫篇 上巻 中国絵画
劉濶
全国百佳出版社 江西美術出版社
『絵画(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 延岡の美人画家・奈須竹堂 | トップ | 佐土原の南画家・根井南華 »
最近の画像もっと見る

画人伝・宮崎」カテゴリの最新記事