松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま宮城県を探索中。

もうひとりの鹿児島洋画の先覚者・時任鵰熊

2018-06-06 | 画人伝・鹿児島

風景 時任鵰熊 東京藝術大学大学美術館蔵

文献:鹿児島の美術、20世紀回顧 鹿児島と洋画展、黎明館収蔵品選集Ⅰ、かごしま文化の表情-絵画編

鹿児島洋画壇の祖・大牟礼南島の2年後に東京美術学校の西洋画科を卒業したのが、もうひとりの鹿児島洋画の先覚者と称される時任鵰熊(1874-1932)である。時任は、鹿児島で教師をしていたが辞職して上京、黒田清輝の白馬会研究所を経て、東京美術学校西洋画科に入学した。在学中は成績優秀で、第7回白馬会展には黒田譲りの外光派風作品「風景」(掲載作品)を出品、将来を嘱望された。

しかし、母親の病気を知らされ、同校卒業後に鹿児島に帰郷、尋常高等小学校などで再び教壇に立ちながら制作を続けた。しかし、鹿児島での時任は、大牟礼南島のように洋画の普及のために尽力することもなく、特に野心的な行動もみせず、自然の境地で制作を続け、ついに鹿児島洋画壇の表舞台に立つことはなかった。

黒田は時任の才能を惜しみ、自ら鹿児島に赴き、中央画壇との縁を絶った時任に上京をうながし、またフランス留学をすすめたという。しかし、時任が再び東京に戻ることはなく、しかも帰郷後に描いた作品のうち、主要なものは第二次世界大戦で焼失してしまった。

時任鵰熊(1874-1932)
明治7年鹿児島県姶良郡横川町生まれ。上原家から菱刈町の時任家の養子となった。明治24年から25年まで博約義塾に学び、明治29年に鹿児島尋常師範学校を卒業、横川高等小学校の訓導になったが1年で退職。明治30年画家を志して上京、黒田清輝の白馬会研究所を経て、翌年東京美術学校西洋画科に入学した。在学中は成績優秀で、生徒成績品展で二等賞を受賞した。明治35年に卒業、同年の白馬会第7回展に出品。翌年は大阪勧業博覧会に作品した。帰郷後は、伊集院の補修学校、高等小学校などで教鞭をとった。大正13年第2回の南国美術展で会友となっているが、鹿児島洋画壇の表舞台に立つことはなかった。晩年には水墨画をよくした。昭和7年、58歳で死去した。



鹿児島学 (新潮文庫)
岩中 祥史
新潮社
『絵画(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 鹿児島洋画壇の祖と称される... | トップ | 鹿児島洋画壇の黄金期をつく... »
最近の画像もっと見る

画人伝・鹿児島」カテゴリの最新記事