松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま宮城県を探索中。

唐絵目利石崎家初代・石崎元徳らを輩出した小原慶山の画系

2017-07-25 | 画人伝・長崎

小原慶山 雪中梅図

文献:唐絵目利と同門、長崎絵画全史

初期の長崎画壇に大きな影響をあたえた小原慶山(不明-1733)は、丹波に生まれ、京都を経て江戸に出て狩野洞雲に学んだ。その後、長崎に移り住み河村若芝に師事した。作品には雪舟派や狩野派の筆致がみられ、唐絵風の作品も残っている。花卉禽類の描写に長け、人物なども巧みで、黄檗僧の肖像などには喜多元規の影響がみられる。墨梅や墨龍なども得意とし、沈南蘋が長崎に渡来してきた際には、墨龍を送ったとされる。門人に石崎元徳がおり、それからつながる荒木元融、石崎融思の長崎におけるひとつの重要な画系の祖となった。

小原慶山(不明-1733)
丹波生まれ。名は雅俊、字は霞光。別号に渓山、景山などがある。京都に出て、その後江戸で狩野洞雲の門に入った。さらに長崎に移り住んで漢画の法を河村若芝に学んだ。花卉人物山水すべてすぐれていた。唐絵目利兼御用絵師をつとめたともされるが定かではない。門人に唐絵目利石崎家初代となる石崎元徳らがいる。享保18年死去した。

小原巴山(1693-1777)
元禄6年生まれ。小原慶山の子。通称は勘八、名は克紹、字は子緒。別号に敬斎、敬修斎などがある。儒学を向井元成に、画を父慶山に学んだ。好んで墨画の龍を描いた。安永6年、85歳で死去した。

小原才蔵(不明-不明)
石崎元章の三男、小原巴山の養子となり、書物改手伝役をつとめた。

小原東洋(不明-1781)
通称は一左衛門、名は玄溟。のちに野口姓となり、野口市左衛門と称した。天明元年死去した。

石崎元徳(1693-1770)
元禄10年生まれ。通称は清次右衛門、字は慶甫。館を香雪斎といい、別号に香雪斎がある。はじめ西崎氏でのちに石崎氏と称した。父は西崎威山。幼いころから画を好み、古人の筆蹟を研究し、のちに小原慶山に師事した。特に仏像を得意とした。享保9年、上杉九郎次の後を継いで、唐絵目利手伝となり、元文元年唐絵目利本役になり御用絵師を兼ねた。宝暦7年、65歳の時に病のため役を辞した。明和7年、78歳で死去した。

石崎元章(1731-1778)
通称は文十郎、字は士朴、『長崎画人伝』には石崎元徳の養子とある。宝暦3年唐絵目利見習となり、宝暦9年唐、24歳の時に唐絵目利兼御用絵師となった。幼いころから画を得意とし、養父元徳の教えを受けた。安永7年、48歳で死去した。

石崎元甫(1768-不明)
通称は周蔵、石崎元章の子。唐絵目利仲間に入ったのは、父の生存中であったか、その病没後であったかは定かではない。若くして没したため、その後を石崎融思が継いだ。

元鎮(不明-不明)
通称は喜八。銀屋町の住んでいた。石崎元徳に師事した。

篠島元琪(不明-不明)
通称は伝吉。石崎元徳に師事した。多くの門人の中でも冠たりと称された。家貧にして、妻子なく、本鍛冶屋町に住んでいた。

安田元志(不明-1792)
通称は新蔵、のちに嘉右衛門。素亭と号した。長崎画人伝には安田元糸とある。石崎元徳に師事し、特に肖像画を得意とした。寛政4年死去した。

安田素教(不明-不明)
安田元志の子か弟、あるいはその一族。

井手定賢(1789-1799)
寛政元年生まれ。通称は茂七郎、字は承慶。鶴翁と号した。石崎元徳に師事した。寛政11年、11歳で死去した。

松井慶徳(1721-1782)
享保6年生まれ。通称は潤助、または順助、字は元仲、さらに慶徳と改めた。広山と号した。石崎元徳に師事した。天明2年、62歳で死去した。

松井元仲(不明-1813)
松井慶徳の子。通称は代蔵、字は元仲。霞山と号した。文化10年死去した。

松井慶仲(1781-1819)
天明元年生まれ。松井元仲の子。通称は甚八郎。硯山と号した。文政2年、39歳で死去した。

荒木元融(1728-1794)
享保13年生まれ。通称は為之進、字は士長。円山と号した。居は鶴鳴堂、薜蘿館などと称した。石崎元徳に師事して画法を学び、蛮画の法をオランダ人に受けたとされる。幼くして経学を真宗の僧教戒に学び、さらに詩文を長崎の渡辺暘谷について修めた。明和3年、荒木元慶の跡を継ぎ唐絵目利兼御用絵師となった。寛政6年、67歳で死去した。



長崎唐通事―大通事林道栄とその周辺 (長崎文献社名著復刻シリーズ)
長崎文献社
『長崎県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 長崎唐絵の奇才・河村若芝と... | トップ | 唐絵目利広渡家の画系 »
最近の画像もっと見る

画人伝・長崎」カテゴリの最新記事