松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま宮城県を探索中。

盛岡藩の国元狩野派・森家

2018-11-28 | 画人伝・岩手

漆絵立花図 森休印 岩手県指定文化財

文献:盛岡藩の絵師たち~その流れと広がり~、青森県史 文化財編 美術工芸

森家初代となった森五郎兵衛是郷(不明-1740)は、森五郎右衛門吉道の三男で、はじめ表具師として藩に仕えていたが、絵の才能を見込まれて元禄10年から国絵図の作成などに父とともに参加するようになり、宝永年間に麻布一本松狩野家の休山是信に入門し、宝永7年に剃髪して「休印」と名を改めた。

森家二代の保斉常以は、宝永3年に江戸に出て狩野如川に入門、休印没後の元文5年に家督を継いでいる。藩の御用としては、「私鑑抄」によれば、享保17念に噴火した岩鷲山図を作成したほか、享保19年から元文2年にかけて藩士の屋敷絵図を作成している。

保斉常以の後の森家は、喜左衛門、円碩休印、松益元賢、保斉、喜六と続いた。円碩休印と松益元賢は、江戸に出て麻布一本松狩野家の休山為信に入門している。松益元賢は天保7年から9年にかけて国絵図の作成を担当した。保斉は常府の狩野休意の門人となり、嘉永元年家業の稽古のため1年間の休暇願を提出するが、2年後の嘉永3年には御給人となり、絵師を廃業している。

森休印(不明-1740)もり・きゅういん
名は五郎兵衛、字は是郷。森五郎右衛門吉道の三男。別号に東寿軒がある。元禄10年に国絵図の制作手伝いを命じられ、元禄12年に褒美金を下賜された。宝永年間に狩野休山是信に入門した。宝永7年表具師と絵書兼任を命じられ、藩主御側となり剃髪して「休印」と号した。藩の御用として国絵図の作成のほかに、享保3年から5年にかけて幕府提出用の高山図や「かもしか図」を、享保10年には「海上見通し図」などを作成している。元文5年死去した。



夕映え 表具師清次捕物秘帖 (ベスト時代文庫)
ベストセラーズ
『絵画(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 盛岡藩の国元狩野派・藤田家 | トップ | 盛岡藩の国元狩野派・石川家 »
最近の画像もっと見る

画人伝・岩手」カテゴリの最新記事