松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま宮城県を探索中。

変わり者として知られた延岡の南画家・四屋延陵

2018-03-01 | 画人伝・宮崎

鏡湖独往図 四屋延陵 延岡市内藤記念館蔵

文献:延岡先賢遺作集、宮崎県地方史研究紀要第12号「宮崎の近代美術」、郷土の絵師と日本画家展

変わり者として知られた四屋延陵は、延岡藩の名門に生まれ、江戸で画を学び、その後は国内外を転々とした。彫刻にも巧みで、他人の家を訪れるとすぐにその家の盆に彫刻をする癖があったという。また、画に興じれば道路の真ん中に荷物を打ち捨てたまま、一心に絵筆を走らせ、通行人を戸惑わせた。漢学の造詣が深く、画論においては富岡鉄斎を凌ぐほどだったという。

四屋延陵(1841-1919)
天保12年延岡恒富生まれ。父は儒学者。名は収蔵。別号に半仙がある。江戸に出て福田半香に学んだとされる。その後は埼玉、群馬、新潟、朝鮮、支那など、国内外を転々とした。内国絵画共進会の第1回展と第2回展に出品している。晩年は延岡で過ごした。大正8年、78歳で死去した。



清代山水 歴代経典絵画解析 (中国絵画)
湖北美術出版社
『絵画(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 近代延岡における南画家の第... | トップ | 延岡の美人画家・奈須竹堂 »
最近の画像もっと見る

画人伝・宮崎」カテゴリの最新記事