松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま宮城県を探索中。

多門や玉城と親しく交わり絵を学んだ丸田省吾

2018-03-08 | 画人伝・宮崎

おしろい花 丸田省吾 宮崎県立美術館蔵

文献:都城 美の足跡、宮崎県地方史研究紀要第12号「宮崎の近代美術」、郷土の絵師と日本画家展
参考:UAG美人画研究室(丸田省吾)


都城に生まれた丸田省吾(1880-1961)は、従兄である山内多門(1878-1932)や、義兄にあたる益田玉城(1881-1955)と親しく交わり絵を学んだ画家である。省吾は従兄に多門を持つにもかかわらず、家人に画家になることを反対され陸軍技手になるが、画家の夢があきらめきれずに上京、多門や玉城に画の手ほどきを受けた。掲載の作品「おしろい花」は、第8回明治絵画展覧会で褒状2等を受けた作品だが、作風から玉城の影響をうかがうことができる。帰郷後は図画教師となり、教え子には花房芳秋、石川翆村、洋画の野口徳次らがいる。

丸田省吾(1880-1961)
明治13年都城市生まれ。山内多門の従弟。幼いころから画が好きだったが家人の反対で画家になることを許されず、東京築地の工手学校(現在の工学院大学)に進み、明治31年に同校を卒業、陸軍技手として築地部本部につとめ、日露戦争では韓国湾で防衛造物建築などに従事した。しかし、画家になることをあきらめきれず、大正3年に陸軍省をやめ、多門や義兄である益田玉城に絵を学びはじめた。大正5年明治絵画会展に入選、翌年巽画会展入選、大正7年明治絵画会展で褒状を受けた。大正8年に帰郷し、旧制都城中学校の図画教師になり約10年間つとめた。昭和4年退職後、市役所の建築係嘱託となった。昭和36年、81歳で死去した。

花房芳秋(1902-1975)
明治35年都城市庄内町生まれ。本名は義明。別号に芳洲がある。旧制都城中学校で丸田省吾に学んだ後、京都市立絵画専門学校に入学、昭和5年卒業した。帰郷して1年間小学校の代用教員をつとめた後、鹿児島に移り鹿児島実業学校、旧制鹿屋中学校、旧制国分女学校、国分高校に勤務し、昭和37年に退職した。その間、昭和21年の第1回南日本美術展で県知事賞を受賞、のちに同展の審査員もつとめた。昭和50年、73歳で死去した。

石川翆村(1909-1994)
明治42年都城市生まれ。名は主計。旧制都城中学校で丸田省吾に学び、昭和5年に京都市立絵画専門学校に入学、福田平八郎、石崎光瑤、堂本印象らに学んだ。昭和9年第13回関西美術展で特選を受賞。昭和11年同校卒業時には卒業制作が校友会賞を受けた。卒業後一時東京に出て絵の勉強を続けたが間もなく帰郷し、高等小学校の代用教員を1年間つとめた。その後、日南の旧制飫肥中学校に移り、昭和23年からは都城泉ヶ丘高校の美術教師になった。昭和29年から新美術協会展に出品、昭和50年には常任審査員になった。サロン・ドートンヌ、ル・サロンにも入選した。平成6年、85歳で死去した。

野口徳次(1908-1999)
明治41年都城市高城町生まれ。旧制都城中学で丸田省吾に学び、卒業後は代用教員として高城小学校につとめた。同僚の栗谷増雄や宮崎師範の広高群の影響で美術を志し川端画学校を経て、昭和6年東京美術学校に入学、岡田三郎助の教室で学んだ。在学中から光風会展、東光会展に入選していたが、昭和11年の同校卒業後は新聞社で映像などの仕事に携わった。以来、記録映画の制作に没頭。昭和16年には映画コンクールで文部大臣賞を受賞した。昭和23年に退職して帰郷し、都城泉ヶ丘高校高城分校の美術教師になった。昭和33年50歳の時に本格的に制作を再開し、二科展に出品。昭和56年同会会員となった。同年初代都城市立美術館館長に就任した。昭和57年宮崎県文化賞を受賞した。平成11年、91歳で死去した。



明治の美人画―絵はがきに見る明治のエスプリ (京都書院アーツコレクション)
京都書院
『絵画(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 第9回文展の美人画室でデビ... | トップ | 大橋翠石に私淑した都城の虎... »
最近の画像もっと見る

画人伝・宮崎」カテゴリの最新記事