松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま宮城県を探索中。

熊本南画の第一人者・梶山九江

2017-11-15 | 画人伝・熊本

梶山九江 寒山萬木図 島田美術館蔵

文献:熊本の近代日本画肥後書画名鑑熊本県の美術

熊本近代南画は、幕末から明治初期に活躍した佐々布篁石を嚆矢として、明治南画家の双璧と謳われる梶山九江、竹冨清嘯らに引き継がれ、熊本画壇において南画は一大勢力となった。

熊本南画の第一人者と称される梶山九江は、祖父、父ともに細川藩の絵師をつとめた。祖父の良恭(号桂谷)は、矢野良勝の弟子で、矢野派の画家だったが、良勝より先に法橋に叙されたため、良勝から破門された。その養子の九嶽は、京都に出て岸派を学んだ。しかし、九江は幕末から明治にかけての南画ブームの中で南画に親しみ、はじめ父の勧めで豊後の淵野桂仙の門に入り、熊本に帰ってからは南画・大和絵の田中亀水に学んだ。その後上京して、長三洲らと交友し画技の研鑽に励み、後年は長崎で鉄翁祖門に学んだ。

九江は祖父良恭を初代とする梶山家の画系を広げた人物であり、詩書画同好の団体「雲煙社」を主宰するなど多くの門人を育て、明治中期の南画界の中心人物として南画隆盛に貢献した。九江の主な門人としては、御船半山、栗山鴻山、小川葵園、堤石鼎、憑耕雨、内海羊石、野村雨山、小川葵山、牧野淡山、上田丹崖、松岡叢雲、三宅紫山、西條深江、関根江左、鬼木槐堂、高見杏園、堤雲崖、福田畳翠らがいる。

梶山九江(1840-1890)
天保11年熊本生まれ。祖父梶山良恭、父梶山九嶽ともに細川藩に絵師として仕えた。名は知、字は子遇、通称は栄太。別号に一岳、崖泉、無牛山人、愛雨園などがある。安政3年、16歳の時に父の勧めで豊後の淵野桂仙の門に入った。19歳で熊本に帰り南画・大和絵の田中亀水に学んだ。24歳の時、門人の内海羊石とともに、中国、四国を遊歴、約3年間この地方を訪ね歩いた。明治11年、38歳の時に再度、中国、四国地方を遊歴するが、父九嶽の死去のため熊本に帰った。この間、2度にわたって竹添井々や雲林院蘇山らと上京し、長三洲を訪ねた。明治23年、三度目の上京をするがコレラにかかり、50歳で死去した。

雲林院蘇山(1837-1914)
天保8年熊本生まれ。俳人・柳水草月の子。名は彌四郎。のちに雲林院の養子となって家を継いだ。はじめ梶山九嶽に学び、のちに淵野桂仙に学んだ。明治42年、第43回日本美術協会展で三等褒賞を受けた。大正3年、77歳で死去した。

関根江左(1847-不明)
弘化4年生まれ。名は献。上盆城郡の人。直入、梅翁の門に入り、のちに梶山九江、竹冨清嘯に従い南宗画を研究した。

栗山鴻山(1855-1918)
安政2年生まれ。はじめ杉谷雪樵に学び、のちに梶山九江に師事した。山水を得意とした。大正7年、64歳で死去した。

牧野淡山(1856-1932)
安政3年春日町生まれ。通称は俊明。はじめ梶山九江に南画を学び、のちに帆足杏雨に師事した。昭和7年、77歳で死去した。



近代の南画 遊心の世界
山種美術館
『絵画(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 近代熊本南画の嚆矢・佐々布篁石 | トップ | 遅れてきた南画家・竹冨清嘯... »
最近の画像もっと見る

画人伝・熊本」カテゴリの最新記事