松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま宮城県を探索中。

琉球王国解体後も長く活動した長嶺宗恭(孟有文)

2018-06-27 | 画人伝・沖縄

芭蕉図 長嶺宗恭(孟有文)

文献:沖縄美術全集4、琉球絵画展、すぐわかる沖縄の美術

1875(明治8)年に王府最後の絵師登用試験があり、安仁屋政伊(東承徳)と長嶺宗恭(孟有文)は、これに合格して王府の絵師となったが、4年後の廃琉置県によって琉球藩が廃止されて沖縄県になったため、失職した。

安仁屋政伊(東承徳)は、幼いころから小波蔵安章(毛文達)に絵を学び、王府の絵師になることを望んでいたが、父を亡くして貧しかったため、叔父の津波古親方からは王府の取納座(税務署)に勤務するように勧められていた。しかし、これを性にあわないといって断り、位牌の制作や床の間の絵を描いて生活していた。

貧しい生活のなか、1875(明治8)年の絵師登用試験に合格し、ついに王府の絵師となったが、4年後の廃琉置県によって失職、生活はますます苦しくなったという。1901(明治34)年には琉球最後の国王だった尚泰侯が死去し、その葬儀に長嶺宗恭(孟有文)とともに絵図の制作を命じられたが、翌年病気のため没した。すぐれた画才を持っていたと伝わっているが、その才能は十分に発揮されることはなく、作品も確認されていない。

首里に生まれた長嶺宗恭(孟有文)は、幼いころから画を好み、小波蔵安章(毛文達)に学び、芭蕉の絵を得意とした。安仁屋政伊同様、廃琉置県後は失職したが、その後も画業を続け、大正時代にはジャーナリストの末吉安恭に資料を提供し、王国時代の絵画史の研究にも協力するなど、昭和初期まで活動した。

安仁屋政伊(1834-1902)
1834(天保5)年首里桃原村生まれ。唐名は東承徳。ぜう林と号した。安仁屋里之子親雲上政行の四男。小波蔵安章(毛文達)に師事し、1875年に王府の絵師の登用されたが、その4年後に琉球王国が崩壊し、失職した。1901年の旧国王・尚安の薨去に際しては、長嶺宗恭とともに絵図方をつとめた。作品は確認されていない。孫に安仁屋政栄がいる。1902年、68歳で死去した。

長嶺宗恭(1852-1932)
1852(嘉永5)年首里生まれ。唐名は孟有文。雅号は華国。首里儀保村に住み、幼いころから画を好み、1873年に小波蔵安章(毛文達)に師事し、1875年に王府の絵師の登用されたが、その4年後に琉球王国が崩壊し、失職した。その後、青年時代の画技が宜湾親方朝保の目にとまり抜擢され、宜湾家に出入りした。芭蕉の絵を得意とした。1932年、80歳で死去した。



島の絵師
古巻和芳
『絵画(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 西洋画の技法も取り入れた元... | トップ | 石垣島で活躍した画家で芸能... »
最近の画像もっと見る

画人伝・沖縄」カテゴリの最新記事