松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま宮城県を探索中。

大正期の青森県人による在京美術団体の発展に寄与した竹森節堂

2018-10-25 | 画人伝・青森

夢幻 竹森節堂

文献:青森県史 文化財編 美術工芸、青森県史叢書・近現代の美術家、東奥美術展の画家たち、津軽の美術史、青森県近代日本画のあゆみ展

大正期に東京で結成された青森県出身者による在京美術団体は、郷土青森県に大きな影響を与えた。なかでも「六花会」は、もっとも注目された美術団体で、活動期間は短かったが、その後に続く北冥会、白曜会などの在京美術団体の礎となった。

六花会は、彫刻家の前田照雲を中心に、美術ばかりでなく、文学、音楽、演劇にいたるまで、各分野にわたる在京の青森県出身者によって結成され、会員の親睦と芸術の発展向上、諸種の援助を図るなどを趣旨とし、大正6年から同9年にかけて活動した。六花会(ろっかかい)は、成立当初は「むつのはなかい」と言われており、陸奥国を思わせる「陸奥の花会」に掛けたものと思われる。

活発な活動を展開していた六花会だが、大正8年に最大の理解者だった津軽英麿が死去、一挙に会の勢いは衰え、ついに翌年六花会は解散を宣言し、旧六花会の会員で「北冥会」という新しい会をスタートさせた。しかし、すでに求心力は失われており、北冥会は、春秋2回の例会を大正11年まで開くに留まった。そのような中で、六花会、北冥会に所属していた主な青年画家たちによって大正9年に「白曜会」が結成された。

六花会、北冥会、白曜会に深いかかわりを持って活動した人に、日本画家の竹森節堂がいる。節堂は、六花会の終わりに近い大正8年に、前田照雲の招きで上京し六花会に参加、白曜会の結成にも参加し、昭和5年蔦谷龍岬が中心となって結成した東奥美術社にも参加した。節堂は、弁舌に長じ、体躯もよかったため、六花会では照雲に渉外の役を持たされ、白曜会、東奥美術社でも中心的な存在だった。

弘前の画系の家に生まれた竹森節堂(1896-1970)は、高等小学校入学のころから狩野派の八戸鶴静につき、狩野派の手ほどきを受け、ついで寺島泉岱について南北合法の漢画を学んだ。さらに松岡映丘、蔦谷龍岬の門人となって大和絵の技法を修得し、美人画を得意とし、戦後は津軽ねぷた絵の復興につとめた。

竹森家の本家筋には竹森華堂がおり、その画系は巣烏が継いだが、別家筋にあたる節堂の父・美信は狩野派の流れを汲む画家で、美信の弟・仙波は絵馬をよくした。節堂の弟清八郎はねぷたをよく描き、その下の弟雄次郎は絵馬を多く残している。

竹森節堂(1896-1970)たけもり・せつどう
明治29年弘前市土手町生まれ。本名は竹森規矩次郎。高等小学校の頃から八戸鶴静に狩野派を学び、明治45年寺島泉岱に南北合法の漢画を学んだ。大正元年板柳町狐森稲荷神社の掲額「川中島」を揮毫。大正7年弘前美術展覧会出品。大正8年上京し松岡映丘の画風を学び、美人画をよくした。大正10年中野桂樹、三国慶一らと「白曜会」を結成。昭和5年蔦谷龍岬に師事。昭和6年第1回東奥美術社展出品、昭和15年日本美術協会会員。昭和21年青森県日本画連盟結成し代表になる。昭和22年津軽ねぷた絵の復興につとめる。昭和41年青森県褒賞。昭和43年弘前市功労賞、県文化賞を受賞した。昭和45年、74歳で死去した。



あやしい美人画 (Ayasii)
松嶋 雅人
東京美術
『絵画(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 八戸出身で川越を活動の拠点... | トップ | 最良の師を求めて次々と師を... »
最近の画像もっと見る

画人伝・青森」カテゴリの最新記事