松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま宮城県を探索中。

明治期に活躍した鹿児島の狩野派・江口暁帆

2018-05-17 | 画人伝・鹿児島

唐夫人図 江口暁帆

文献:明治の狩野派 江口暁帆展、美の先人たち 薩摩画壇四百年の流れ、かごしま文化の表情-絵画編

幕末の鹿児島に生まれ、少年期に狩野派を学んだ江口暁帆(1839-1921)もまた、時代の大きな変遷期にあって、伝統と変革の間で揺れ動きながら新しい表現を模索した画家のひとりである。暁帆の作品には、伝統的な狩野派の画風を伝えるものから、西洋風の写実的感覚を盛り込んだものまで、様々な模索の跡がみえる。

明治18年には、フェノロサが日本美術に新風を吹き込もうとして結成した美術団体・鑑画会の第1回展に出品している。暁帆の作品が、狩野派の基礎を備えながら西洋写実絵画の表現にも通じていたことから、出品作家に選ばれたと考えられる。

明治22年に第3回内国勧業博覧会に出品された「唐夫人図」(掲載作品)は、中国に伝わる親孝行の故事「二十四孝」の一つを題材とし、歯が弱くなって噛めなくなった姑のために自らの乳を吸わせて養った嫁の姿を描いている。二十四孝は狩野派がよく描いた題材だが、肌をあらわにした女性表現は珍しく、そこには近世写生派や西洋絵画の影響がみられる。

江口暁帆(1839-1921)
天保10年鹿児島市生まれ。江口彦太郎の二男。本名は親雄。少年期に狩野派の絵師・佐多椿斎に学んだ。明治2年、鹿児島県十一等絵師助となり、明治5年鹿児島県学校三等教授図画掛を命じられた。「薩隅日三州実測図」を模写して報奨金を受けた。東京府十四等に出任後、太政官正院地誌課十三等に出任。明治6年、同じく十二等出任。翌年、内務省地理寮地誌課十二等出任。明治8年、同じく十一等出任。内務省地理寮地誌課が太政官正院修史局に吸収され、同局の十一等出任、地誌掛。明治14年測量御用として小笠原島出張を命じられ、翌年帰京。明治17年第2回内国絵画共進会に出品。明治18年第1回鑑画会に出品。明治21年頃、神戸市に在住。明治23年第3回内国勧業博覧会に出品。明治36年第5回内国勧業博覧会に出品。後半生は鹿児島市西田に住んだ。大正10年、83歳で死去した。



狩野派 美の系譜 2冊セット 室町時代から幕末まで代々受け継がれている狩野派の輝かしい代表的作品集
ゴマブックス株式会社
『絵画(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 島津家お雇いとなり「犬追物... | トップ | 小松甲川ら鹿児島の初期日本画家 »
最近の画像もっと見る

画人伝・鹿児島」カテゴリの最新記事