松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま宮城県を探索中。

外光派の風景画家・山本森之助と早世した人気画家・渡辺与平

2017-09-19 | 画人伝・長崎


文献:長崎が生んだ風景画家 山本森之助展、渡辺与平展、長崎の肖像 長崎派の美術家列伝

明治10年、山本森之助(1877-1928)は長崎市新橋町の料亭一力の長男として生まれた。明治27年に画家を志して大阪の山内愚仙に入門、翌年には上京して浅井忠の明治美術学校研究所に入り、さらに、東京美術学校で黒田清輝のクラスに学び、外光派の画家として画壇デビューした。自然を忠実に写し取るといういわゆるアカデミックな手法で、白馬会、官展、光風会を中心に発表、初期文展では3年連続して受賞し、当時の風景画の分野で第一人者と目されるほどだった。

山本が日本アカデミズムの風景画家として大成していったころ、長崎県出身の気鋭の新人が文展デビューした。長崎市生まれの渡辺与平(1889-1912)は、山本が三等賞を受けた第1回文展で初入選、山本が新審査員となった第4回文展で三等賞を受賞した。さらに第5回展にも入選し、将来を嘱望されたが、病を得て24歳で死去した。与平は文展出品作のほかにも、新聞や雑誌に掲載されたコマ絵で注目され、竹久夢二の「夢二式」に対して、渡辺与平の「ヨヘイ式」という言葉が生まれるほど人気を博した。

山本森之助(1877-1928)
明治10年長崎市生まれ。長崎市新橋町の料亭一力の長男。13歳の頃に長崎の洋画家・田口松之助に洋画の手ほどきを受け、明治27年、17歳の時に大阪に出て山内愚僊の門に入った。翌年上京、明治美術学校研究所に入り、浅井忠、山本芳翠の指導を受けた。翌年同校を卒業し、その後、天真道場で黒田清輝の指導を受け、その翌年新設された東京美術学校西洋画選科に入学、黒田教室に学んだ。同校在学中から白馬会展に出品し、のちに文展に出品、第4回展からは審査員をつとめた。大正元年、35歳の時に岡野栄、中澤弘光、小林鐘吉、跡見泰、三宅克己、杉浦非水らと光風会を創設した。昭和3年、51歳で死去した。



渡辺与平(1889-1912)
明治22年長崎市生まれ。旧姓は宮崎。宮崎徳三の二男。はじめ日本画を学ぶため京都市立美術工芸学校に入学、在学中に鹿子木孟郎の私塾にも通った。卒業後の明治39年に中村不折にあてた鹿子木孟郎からの紹介状を持ち上京、太平洋画会研究所に入り、中村不折から本格的な洋画の指導を受けた。この年はじめて『ホトトギス』にコマ絵が掲載された。明治41年の第2回文展で初入選。翌年の42年に不折の仲人で満谷国四郎門下の女性画家・渡辺ふみ子(のちの亀高文子)と結婚し、以後渡辺姓を名乗った。明治43年第4回文展で三等賞を受け、翌年の第5回展にも入選した。また、コマ絵の仕事では、竹久夢二の「夢二式」に対して「ヨヘイ式」と呼ばれた画風で人気を博し、将来を嘱望されたが、大正元年、病のため24歳で死去した。



絵を読む―人間風景の画家たち
大日本絵画
『長崎県』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 存命中に遺作展を開催された... | トップ | 佐伯祐三と行動を共にしフラ... »
最近の画像もっと見る

画人伝・長崎」カテゴリの最新記事