松原洋一・UAG美術家研究所

近世から明治中期頃までに活動していて、ネット検索しても出てこない画家を中心に紹介しています。ただいま青森県を探索中。

太宰治の自画像

2018-11-16 | 画人伝・青森

自画像 太宰治

文献:太宰治と美術、青森県史 文化財編 美術工芸

近代文学を代表する小説家の一人である太宰治(1909-1948)は、美術に関しても強い関心を持ち続け、多くの小説に画家や美術に関するモチーフが登場してくる。小説『津軽』では、主人公が兄の持っていた建部綾足の絵を見て、津軽にもこんな偉い画家がいたのかと驚嘆する場面が描かれ、随筆「青森」では、中学校時代に下宿先の近所にあった花屋に展示されていた無名時代の棟方志功の油彩画を購入したことが記されている。

また、代表作『人間失格』においても、美術が重要な役割を果たしている。自伝的要素を織り込んだとされる主人公・大庭葉蔵は、中学生時代に画家を志すようになるが、そのきっかけは、級友から見せられたゴッホの自画像である。その時から主人公は自画像の制作を試みるようになり、その後も小説には自画像が象徴的に登場してくる。

太宰自身、中学時代から同人誌などの表紙を自らデザインしたほか、ノートや教科書に自画像をはじめとする顔の落書きを繰り返し描いていた。のちに画家になる同級生の阿部合成と同人誌を創刊して文学活動を行なっていたときも、太宰の方が画家になるのではないかと思われていたという。

上京して作家活動を本格化させてからも、阿部合成や小館善四郎、桜井浜江ら多くの画家たちと交流をもっていた。掲載の「自画像」は、桜井浜江のアトリエで描かれたとされるもので、太宰はその場にあった画材をつかって素早く仕上げ、そのまま置いていってしまうことがよくあったという。

桜井浜江(1908-2007)は、山形市出身の洋画家で、昭和7年に新進作家の秋沢三郎と結婚し、高円寺や阿佐ヶ谷に住み、秋沢の友人だった太宰らと知り合った。その後、桜井は秋沢と離婚し、三鷹に住むようになるが、戦後まもなく三鷹で太宰と再会した。太宰は友人をつれてしばしば桜井のアトリエを訪れ油彩画を描いている。桜井は小説『餮応夫人』のモデルとされている。

太宰治(1909-1948)だざい・おさむ
明治42年青森県北津軽郡金木村生まれ。本名は津島修治。大正12年青森中学校に入学。大正14年交友会誌に最初の創作「最後の大閣」を発表。同年阿部合成らと同人雑誌「星座」を創刊するが1号で廃刊し、同人雑誌「蜃気楼」を創刊する。大正15年同人雑誌「青んぼ」創刊。昭和2年芥川龍之介の自殺に衝撃を受け、以降学業が停滞。昭和3年「細胞文芸」を創刊。昭和4年カルモチンを多量に服用し自殺未遂。昭和5年東京帝大仏文科に入学。共産党のシンパ活動に加わる。同年井伏鱒二に師事。同年銀座のカフェの女給と鎌倉で心中未遂し女給のみ死亡。昭和7年社会主義運動から離脱、この頃から小館善四郎と活発に交流する。昭和8年同人誌「海豹」に初めて「太宰治」の筆名で作品発表。昭和9年檀一雄らと「青い花」を創刊。昭和10年大学卒業が絶望となり、就職試験も失敗、鎌倉山で自殺未遂。昭和11年バビナール中毒に陥る。同年第一創作集『晩年』を刊行。昭和12年妻の小山初代と水上温泉で心中未遂し、のちに離別。この頃阿部合成と再会し親密な交遊が始まる。昭和20年甲府に疎開し翌年東京に戻る。昭和22年喀血。同年『斜陽』を刊行。昭和23年『人間失格』第1回分を発表。同年山崎富栄と心中し39歳で死去した。


レモンの画家・小館善四郎

2018-11-15 | 画人伝・青森

れもん 小館善四郎

文献:青森県史 文化財編 美術工芸、青森県史叢書・近現代の美術家、太宰治と美術

青森市の裕福な木材商の四男として生まれた小館善四郎(1914-2003)は、小学生のころから油彩をはじめ、多くの芸術家を輩出した青森中学校に進んだ。同級生には、関野凖一郎、佐藤米次郎、根市良三らがいた。中学卒業後に上京し、牧野虎雄に師事、牧野が教授をつとめていた帝国美術学校(現・武蔵野美術大学)に入学した。

小館の兄・貞一のもとに太宰治の姉・京が嫁いでいたことから、太宰は義兄にあたる。小館は、上京以来、太宰と親密に交遊していたが、太宰の薬物中毒と、それに伴う生活上のさまざまな事件に巻き込まれたこともあり、帝国美術学校卒業後は帰郷し、青森市浅虫にアトリエを構え、青森中学の図画教師となった。

昭和15年に国画会展に初入選し、その後も同展に出品した。昭和19年に応召して朝鮮半島に出征したが、負傷して帰国。東奥日報社に勤務し、終戦まで「月刊東奥」の編集に携わった。戦後も引き続き国展を中心に出品し、国画会会員となった。昭和37年に東京都町田市に転居、画廊などで盛んに個展を開催した。昭和64年に浅虫に戻って制作を続け、主要な作品の多くは生前に青森市に寄贈した。

強く感銘を受けたという梶井基次郎の小説『檸檬』から着想を得た作品「れもん」(掲載作品)を昭和24年に発表して以来、レモンを主要なモチーフとし、「レモンの画家」と称されるようになった。

小館善四郎(1914-2003)こだて・ぜんしろう
大正3年青森市生まれ。昭和2年青森中学校に入学。同校卒業と同時に上京、牧野虎雄に師事し、帝国美術学校本科西洋画科に入学した。昭和11年同校を卒業し帰郷。昭和12年青森市浅虫にアトリエを構えた。昭和15年第13回国画会展に初入選。昭和19年に応召し出征。病気のため入院。昭和28年国画会会員となった。昭和32年青森市浅虫から栃木市に転居。昭和37年栃木市から町田市に転居。平成元年青森市浅虫に転居した。平成15年、88歳で死去した。


反戦画家の烙印を押され画壇から去った無頼派の画家・阿部合成

2018-11-14 | 画人伝・青森

見送る人々 阿部合成 兵庫県立近代美術館蔵
この作品は、出征兵の見送りを描いたもので、阿部が友人にあてた手紙によると「三十個ばかりの顔丈で構成しようと念願してゐる。熱狂した泥酔者、感動して嘆く青年、悲しみで魂をなくした女、冷静な挨拶を送る中年の男、歌ふ少年達、愚痴でしわだらけの老人、傍観者(祝出征の幟のかげに自画像と僕の不遇な従兄の顔)等の顔と手。赤ん坊は特別無関心でなければならない」とある。

文献:阿部合成と太宰治、修羅の画家 評伝阿部合成、太宰治と美術、東北画人伝、青森県史 文化財編 美術工芸、青森県史叢書・近現代の美術家、青森県近代洋画のあゆみ展、東奥美術展の画家たち

南津軽郡浪岡村に生まれた阿部合成(1910-1972)は、大正12年に青森中学校に入学、同級生に太宰治がいた。阿部は、父親が青森市長をつとめるなど、名家の出で、裕福な家庭に育った大宰と出自や環境が似ており、そのことが二人を親密にしたのか、ともに同人誌「星座」を創刊し文学活動を行なっていた。阿部の回想によれば、太宰の華麗な文才に衝撃を受け、文学をあきらめ、美術の道に進んだという。

中学を出た阿部は、京都絵画専門学校日本画科に進学、卒業後は青森に帰り、従兄の常田健と美術グループ「グレル家」を結成した。この時に常田の影響を受け油彩画に転向している。青森では嘱託教員をしていたが、2年でやめて上京、太宰と再会し、詩人で評論家の山岸外史も加えて、親密に交遊するようになった。太宰のいくつかの作品の登場人物には阿部の面影が指摘されている。

昭和13年、二科展に出品した「見送る人々」(掲載作品)が初入選で特選となり、グラフ雑誌「国際写真情報」に口絵として掲載された。ところが、それを見たアルゼンチン駐在公使が「頽廃不快の印象を与へ日本人とはどうしても思へない」と取締まりを要請、新聞でも大きく報じられ、阿部は反戦画家の烙印を押され、官憲にマークされるようになった。以来、阿部はあらゆる公募展と絶縁、やがて画壇から遠ざかっていった。

昭和18年に疎開で青森に帰るが、召集を受け満州を転戦。終戦後シベリアで2年間抑留生活を送ったのち、昭和22年に舞鶴に帰還した阿部は、青森に直行せずに三鷹の太宰を訪ねた。二人は痛飲し、夜が明けると太宰は二重マント姿で、阿部を三鷹の駅まで見送ってくれた。阿部が見た最後の太宰の姿だった。翌年太宰は入水自殺を果たす。

「強烈な火を噴く様なもの」を表現したいと念願していた阿部は、昭和34年にアメリカ経由でメキシコに渡り、2度の個展で成功をおさめ、人生2度目のピークを彼の地で迎えた。帰国した阿部は、昭和40年、太宰の故郷である金木町の芦野公園に太宰治碑を建立した。それ以後の阿部の作品は、道化や聖書など、太宰と共通するようなテーマが数多くみられるようになった。

無頼派と呼ばれた太宰治だが、阿部合成もまた無頼派の画家だった。美術批評家の梅原猛は、黒田猛著『阿部合成と太宰治』に寄せた序で「無頼派というのは、その強すぎる羞恥心ゆえに、悪魔の仮面をかぶって、精神の自由と芸術の創造のために戦う、聖なる騎士ではなかったか」としている。

阿部合成(1910-1972)あべ・ごうせい
明治43年南津軽郡浪岡村生まれ。大正6年父の政太郎が青森市長に就任したため一家で青森市に転居。大正12年青森中学校に入学、同級生に太宰治がいた。大正14年太宰らと同人誌「星座」創刊。昭和4年京都絵画専門学校日本画科に入学。昭和9年同校を卒業、青森に戻り嘱託教員となった。昭和11年上京、独立の研究所に入り、前衛美術研究会を作る。野田英夫、寺田竹雄の壁画家協会で学んだ。昭和12年杉並区大宮前にアトリエを設立。太宰治と再会し、山岸外史とも親交を結ぶ。昭和13年二科展に「見送る人々」が初入選し特選となるが、アルゼンチン駐在大使の糾弾によって反戦絵画の烙印を押されマークされる。昭和18年疎開により青森に帰るが、召集を受け満州を転戦。敗戦後シベリアで2年間抑留生活を送る。昭和22年舞鶴に帰還。三鷹の太宰治を訪ねたのち、帰郷したが、農地改革により資産を失う。昭和23年太宰の入水を知り上京。昭和27年再上京。昭和34年アメリカ経由でメキシコに渡り、日墨会館に部屋を与えられ制作を行なう。昭和35年メキシコ国立近代美術館で個展、同年帰国。昭和38年再びメキシコに旅行。昭和39年メキシコで2度目の個展を開催。ヨーロッパなどを旅行し帰国。昭和40年太宰治の故郷・金木町芦野公園に太宰治碑を制作。昭和47年、62歳で死去した。


青森県南部地方の洋画家

2018-11-13 | 画人伝・青森

北瞑 平野四郎

文献:青森県史 文化財編 美術工芸、青森県史叢書・近現代の美術家、青森県近代洋画のあゆみ展

県南(青森県の南部地方)の洋画家としては、県南地方の洋画の先駆者とされる福田剛三郎(1886-1977)が、明治38年に上京して、大下藤次郎が主宰する水彩画研究所で学んだ。その後、白馬会に入り、明治40年には中村不折らと展覧会を開催している。帰郷後は当時日本画が盛んだった八戸で初めて油彩画をはじめ、洋画の普及につとめた。

昭和2年には福田寛(1901-1950)、福勢喜一らが油絵の公募団体「躍羊社」を設立した。その活動の詳細は不明な点が多いが、昭和12年に三日町のツキウ画廊で開催された第12回展には、福田、福勢のほかに、昆野清一、石ケ森恒蔵、月舘れい、西村健次郎ら八戸を代表する洋画家たちが出品している。

太平洋美術学校を卒業した西村健次郎(1910-1972)は、青森県内で教職につき、月舘れいや小坂圭二らを育てた。西村は独立美術協会で主に活躍し、県南地方に在野の風土を根付かせた画家のひとりとされている。

七戸町に生まれた平野四郎(1904-1983)は、小学校の教員をしながら、大潮会を中心に活動した。画風は、昭和42年の教員退職を境に、静かな風景画から意味ありげな幻想画へと変わっている。この変貌した画風について平野は「生命のない対象に感情や生命感を盛り、その形態が互いに連鎖し次第に発展し、一大ドラマを暗示するような作風」と語っている。掲載の「北瞑」は、昭和54年の作品で、海岸の岩場に多数の顔が潜んでいるようにみえる。

平野四郎(1904-1983)ひらの・しろう
明治37年上北郡七戸町生まれ。大正9年青森師範学校に入学。在学中に描いた絵が県学兵課長の買い上げとなった。また、同校の図画教師・水谷英一に画才を見出され画家への志しを固めた。大正13年同校卒業後、七戸で教壇に立った。昭和5年に上京し川端画学校や小西正太郎塾で学んだが、生活苦のためすぐに帰郷。昭和12年再上京して都内の小学校で教諭をつとめるかたわら画業に励み、昭和14年から大潮展に入選を続け昭和21年会員となった。画風は、教員を退職した昭和42年を境に、静かな風景画から幻想画へと変わっていった。昭和50年蒼樹会の結成に参加し、第1回展で評論家協会賞、昭和54年同展で文部大臣賞を受賞した。昭和58年、79歳で死去した。

福田剛三郎(1886-1977)ふくだ・ごうざぶろう
明治19年八戸市番町生まれ。奈良川光實の三男。明治23年に福田家の養子になった。明治38年上京し、小石川の水道町で水彩画研究所を主宰する大下藤次郎のもとで学んだ。さらに黒田清輝らが結成した白馬会に入会、明治40年頃には中村不折、中川八郎らとともに展覧会を開催した。のちに帰郷し当時日本画が盛んだった八戸市で最初に油彩画を始め、その普及につとめた。昭和52年、91歳で死去した。

福田寛(1901-1950)ふくだ・かん
明治34年八戸市徒士町生まれ。県立八戸中学校から東京美術学校に進み、大正10年に卒業。香川県高松高等師範学校にはじまり、函館女子校を経て八戸に帰り、八戸高等女学校、青森女子師範学校、そして、昭和19年には母校の八戸中学校につとめた。昭和9年には十和田湖風景画会を組織、東奥展審査員などもつとめ、後輩の育成、指導にあたり、帝展にも数度入選した。昭和25年、50歳で死去した。

西村健次郎(1910-1972)にしむら・けんじろう
明治43年八戸市生まれ。昭和3年県立八戸中学校卒業後、上京して太平洋美術学校本科に進んだ。卒業後母校の八戸中学校で教鞭をとり、昭和46年南郷村立中沢中学校の校長を最後に退職した。独立美術協会に第1回展から連続12回入選し、昭和12年には河北美術展に静物画を出品、河北賞を受賞した。昭和24年独立展の会友となり、東奥展の審査員などもつとめたが、昭和35年ころから作家活動を停止した。昭和47年、62歳で死去した。


昭和初期の青森県の洋画家

2018-11-12 | 画人伝・青森

ラ・リューヌ 松木満史 青森県立郷土館蔵

文献:青森県史 文化財編 美術工芸、青森県史叢書・近現代の美術家、青森県近代洋画のあゆみ展、津軽の美術史

昭和初期の青森では、大正時代に引き続き、いろいろな美術団体や研究所が立ちあげられた。昭和2年には、東京美術学校を卒業して弘前中学校で美術教師をしていた穴沢赳夫(1899-1946)が、同校の卒業生・黒滝大休(1907-1988)と、在学中の常田健、後藤正二郎、千葉四郎、内海九郎らとで「未青社」を結成した。同会は昭和4年に「紀元社」と改称し、佐藤麻古杜らが新たに加わって活動を続け、昭和初期の青森洋画の発展に貢献した。

女子美術学校在学中から帝展に入選していた橋本花(1905-1983)は、昭和8年に佐伯米子や深沢紅子らと女性画家による新美術家団体連盟を結成、昭和画壇の女性の時代を築いた一人となった。昭和10年には松木満史が青森市に美術学校を開設。そこで石ケ森恒蔵、名久井由蔵、渡辺貞一らが学び、国画会で活躍した。

昭和11年、葛城喜良、進藤正一郎、保坂哲士、古川孝八郎、樋口猛彦、渡辺貞一らが、弘前を中心とした美術展の機会を広げるのを目的に「国土社」を結成、戦中戦後を通じて活動を続けた。昭和16年には川村精一郎を中心に絵画の真髄と追求向上と互いの親睦を図る目的で「美術青森塾」が結成された。

昭和14年にフランスから帰国した松木満史(1906-1971)は、翌15年に洋画の基礎となるデッサンを学ぶ「青森美術研究所」を設立した。終戦後は家族とともに上京するが、昭和22年に単身で帰郷、青森市の堤川の川辺にアトリエを建て、ここを友人や後進が集うサロンのような場とした。

昭和30年には三国慶一、中野桂樹、鷹山宇一らと「青生会」を結成。東奥美術展では審査員をつとめ、青森県の美術界の中心として活躍したが、54歳の時に脳溢血に倒れ、以後筆をとることはなかった。掲載の「ラ・リューヌ」は、倒れる直前に描かれたもので、松木が求めていた光と色彩の調和が最もよく表現された作品と評されている。

松木満史(1906-1971)まつき・まんじ
明治39年西津軽郡木造町生まれ。本名は金七。大正8年小学校卒業後、青森市の仏師・本間正明に師事し仏像彫刻を学んだ。この頃、棟方志功、鷹山宇一、古藤正雄と洋画グループ「青光画社」を結成。大正12年武者小路実篤の「新しき村」運動に共鳴して会員となった。大正15年に上京、木彫が太平洋画展に入選した。同年国展に初入選、以後国画会を中心に活動した。昭和13年に渡仏し、翌年帰国。昭和22年国画会会員となり、同年帰郷し堤川の川辺にアトリエを建て、友人や後進が集うサロンのような場とした。昭和30年三国慶一、中野桂樹、鷹山宇一らと「青生会」を創立。東奥美術展では審査員をつとめた。昭和34年第1回青森県文化賞受賞。同年から東奥日報紙上に「青森県の素描」を63回にわたり連載。昭和37年青森県褒章を受章した。昭和46年、65歳で死去した。

穴沢赳夫(1899-1946)あなざわ・たけお
明治32年下北郡大畑町生まれ。大正14年東京美術学校を卒業後、県立弘前中学校に赴任して美術を担当した。昭和2年に教え子の黒滝大休らと「未青社」を結成。また、尾上柴舟の主宰する「水瓶」の同人として短歌を発表、同中学校在職中に「甲虫短歌会」を結成した。昭和4年同中学校を退職し上京、太平洋展に入選したが、東京空襲のため帰郷、下北郡佐井の磯谷小学校に勤務した。東奥美術展などに出品した。昭和21年、48歳で死去した。

黒滝大休(1907-1988)くろたき・だいきゅう
明治40年弘前市西茂森生まれ。大正10年弘前中学校に入学、在学中に穴沢赳夫が美術担当として赴任してくる。大正15年駒澤大学専門部に入学、昭和2年予科に転じ、本郷絵画研究夜間部にも通った。同年穴沢赳夫らと「未青社」を結成。昭和7年駒澤大学を卒業し、弘前和洋裁高等女学校に就職。以後33年間高校で教鞭をとった。昭和8年に「未青社」を「紀元社」に改称し、新たに佐藤麻古杜らを加えて活動した。昭和32年棟方寅雄と洋画グループ「鼓楼社」を結成。昭和43年弘前美術作家連盟が創設され委員長に就任した。昭和45年弘前博物館建設協議会を結成。昭和63年、81歳で死去した。

橋本花(1905-1983)はしもと・はな
明治38年青森市生まれ。旧姓は原子。大正12年札幌市立北海道高等女学校卒業。大正13年女子美術学校入学。大正15年同校在学中に第7回帝展に初入選。昭和3年同校を卒業。昭和4年橋本八百二と結婚。第13回帝展で特選となった。以後も帝展、新文展、日展で受賞を重ねた。昭和8年に佐伯米子や深沢紅子らと女流画家による新美術家団体連盟を結成した。晩年は青森市筒井にアトリエを構え制作した。昭和58年、78歳で死去した。


棟方志功の油彩画

2018-11-09 | 画人伝・青森

雑園習作 棟方志功 棟方志功記念館蔵

文献:青森県史 文化財編 美術工芸、青森県史叢書・近現代の美術家、青森県近代洋画のあゆみ展、津軽の美術史

版画で世界的な活躍をすることになる棟方志功(1903-1975)だが、はじめはゴッホの「ひまわり」を見て感銘を受け、油彩画を描いていた。そして、21歳の時に油彩画家を志して上京。しかし、目標としていた帝展への落選が続くなか、次第に油彩画家としての自分に疑問を持ち始めるようになった。そんななか、版画家・川上澄生の作品と出合い、その叙情あふれる作品に大きな影響を受け、木版画こそが自らに適した表現であると確信するようになる。

版画家に転向した棟方は、版画雑誌「白と黒」に特集を組まれるなど、次第にその存在を知られるようになっていったが、大きな転機となるのは、昭和11年に国画会展に出品した「大和し美し」だった。この作品は、日本神話の英雄・ヤマトタケルの生涯をうたった佐藤一英の詩をモチーフにしたもので、スケールの大きさと奔放な造形が、民芸運動を主導していた柳宗悦や浜田庄司に激賞され、以後、民芸の人々の支援を受けるようになった。

昭和13年には「善知鳥」が第2回新文展で特選となり、官展で版画が特選をとった画期的な出来事として話題になった。また、海外でも高い評価を受け、昭和30年に第3回サンパウロ・ビエンナーレの版画部門で最高賞を受賞、翌年には第28回ヴェネツィア・ビエンナーレの版画部門で大賞を受賞。日本を代表する美術家として不動の地位を獲得していく。

同じ青森県出身の小説家・太宰治(1909-1948)は、棟方との直接の交流はなかったが、「青森」という随筆のなかで、青森中学校時代に下宿先の近所にあった花屋に展示されていた無名時代の棟方の油絵を購入したことを明かしている。

棟方志功(1903-1975)むなかた・しこう
明治36年青森市生まれ。父は鍛冶職人で、小学校卒業後は家業の鍛冶屋を手伝った。大正9年青森地方裁判所の弁護士控所の給仕となり、仕事の合間に合浦公園などに写生に出かけた。大正10年小野忠明に雑誌「白樺」に掲載されたゴッホの「ひまわり」の原色版を見せられ感銘を受け、油彩画を描きはじめる。同年青森で松木満史、古藤正雄、鷹山宇一と4人で洋画グループ「青光画社」を結成。大正13年画家を志して上京、帝展に出品するが落選。翌年画家を目指して本格的に上京し、帝展に出品するが落選。大正15年には上京した松木満史と阿佐ヶ谷生活をはじめた。昭和3年第9回帝展に油絵「雑園」が初入選。同年下沢木鉢郎の紹介で版画家の平塚運一を訪ねる。昭和10年頃、詩人・蔵原伸二郎との親交が深まり、のちに蔵原を介して文芸評論家・保田與重郎、小説家・中谷孝雄、歌人・前川佐美雄ら日本浪漫派の文士たちとの交際が始まった。昭和11年国画会展の出品作「大和し美し」が日本民藝館の買い上げとなる。これが契機になり柳宗悦、浜田庄司、河井寛次郎らとの交流が始まった。昭和13年第2回文展出品作が官展の版画部門として初の特選となる。昭和14年「釈迦十大弟子」を発表。昭和17年初の随筆集『板散華』において「版画」を「板画」とすることを宣言。昭和20年富山県西砺波郡福光町に疎開。昭和26年再び東京に転居。昭和27年日本版画協会を脱退して下沢木鉢郎らと日本板画院を創設。昭和30年第3回サンパウロ・ビエンナーレ国際美術展で版画部門最高賞受賞。昭和31年第28回ヴェネツィア・ビエンナーレ国際美術展で国際版画大賞を受賞。昭和34年ロックフェラー財団の招きで渡米。昭和44年青森市名誉市民第一号となる。昭和45年文化勲章を受章した。昭和50年、72歳で死去した。


エノケンのレビュー作家をつとめた菊谷栄

2018-11-08 | 画人伝・青森

踊り娘 菊谷栄

文献:青森県史 文化財編 美術工芸、青森県史叢書・近現代の美術家、青森県近代洋画のあゆみ展、津軽の美術史

菊谷栄(1902-1937)は、青森市では今純三に継ぐ油絵の草分け的存在だが、菊谷を有名にしたのは、「日本の喜劇王」と称されたエノケン(榎本健一)の劇団に舞台装置家として参加し、レビュー作家としてデビューしたことだった。以後菊谷はエノケンの全盛期時代の軽演劇の作品を数多く手掛けることになる。

明治35年に東津軽郡油川町に生まれた菊谷は、青森中学校を卒業後に画家を志して上京し、東京美術学校を受験するが失敗。翌年日大芸術科に入学した。学業のかたわら川端画学校にも通い、本格的に油絵を学び、昭和3年に白日会展に入選、同年青森の松木屋デパートで初個展を開催して注目された。

この頃、浅草のおでん屋でエノケンと知り合い、行動をともにするようになる。劇団に入りレビュー作家として活動を始めてからも、帝展を目指して油絵を描き続けたが、一度も入選することなく、昭和12年中国の北支戦線で34歳で戦死した。榎本は菊谷の死を惜しみ、ジャズによる告別式の形で劇団葬を行なった。

菊谷栄(1902-1937)きくや・さかえ
明治35年東津軽郡油川町生まれ。本名は菊谷栄蔵。大正4年青森県立青森中学校入学。大正9年に同校を卒業し、東京美術学校を受験するが失敗。青森営林局管理課に製図工として勤務した。大正10年上京して日大芸術科に入学し川端画学校にも通った。昭和2年兵役に服務。昭和3年浅草のおでんやでエノケン(榎本健一)と知り合う。同年第5回白日会に入選し、青森市の松木屋で個展を開催。昭和5年エノケンの勧めで、新カジノ・フォーリーに舞台装置家として参加。エノケンがオペラ館に「ピエル・ブリヤント」を創設した際に文芸部員として入会し、レビュー作品に手掛けた。以後プペを中心にエノケンの全盛期時代の軽演劇の作品を手掛けた。昭和12年、中国北部において34歳で戦死した。


青森県の創作版画の祖・今純三

2018-11-06 | 画人伝・青森

青森市新町通り夜景「青森県画譜第六集」今純三

文献:今純三・和次郎とエッチング作家協会、青森県史 文化財編 美術工芸、青森県史叢書・近現代の美術家、青森県近代洋画のあゆみ展、青森県近代版画のあゆみ展、東奥美術展の画家たち、津軽の美術史

大正時代に、青森県の文化面に大きな影響を与えた「六花会」やその後に結成された「白躍会」で活躍した洋画家に今純三(1893-1944)がいる。今純三は弘前市に生まれ、小学校卒業後に一家で上京した。明治42年からは太平洋画会研究所で中村不折らの指導を受け、さらに黒田清輝の白馬会葵橋洋画研究所、岡田三郎助の本郷絵画研究所で学び、帝展に入選するなど活躍した。しかし、関東大震災を期に青森に帰郷、その後は油彩から版画に転じ、銅版画、石版画の研究に没頭、山本鼎が提唱した「芸術性にあふれた版画」を生み出していった。

今純三が青森に帰ってきた大正12年頃は、まだ日本において銅版画・石版画の方法は確立されておらず、それぞれ各人が試行錯誤しながら取り組んでいた時期だった。師範学校で教鞭をとったこともある今純三のアトリエには、棟方志功、松木満史、鷹山宇一、阿部合成、関野凖一郎、小館善四郎、川村精一郎、下沢木鉢郎ら、教え子や芸術家を目指す若者たちが多数訪れ、今純三の制作方法を貪欲に学んだ。

しかし、今純三に教えを受けたなかで、のちに本格的に銅版画・石版画の制作をしたのは関野凖一郎だけだった。関野も今純三がそうしたように自宅に銅版画研究所を開いて若者たちに教えたが、石版画が版画家たちの間で本格的に行なわれるようになったのは、戦後を迎えてからだった。石版画を試みた戦後の青森県の作家としては、関野をはじめ、七尾謙次郎、村上善男、山内ゆり子、戸村茂樹らがいる。

今純三(1893-1944)こん・じゅんぞう
明治26年弘前市生まれ。兄は今和次郎。明治39年弘前市立城西小学校卒業後、一家で上京。同年独乙学協会学校中学部に入学するが、明治42年同学校を中退して太平洋画会研究所に入り、中村不折らの指導を受けた。明治43年白馬会葵橋洋画研究所に移り、黒田清輝、岡田三郎助に師事。明治45年藤島武二、岡田三郎助が新設した本郷洋画研究所に入り、研究生第1号として登録された。同期に中村研一、長谷川潔、硲伊之助らがいた。同年早稲田工手学校建築科の夜学に入学、小山内薫らが主催する自由劇場の舞台背景制作に従事した。大正8年帝展入選。大正12年関東大震災に被災し青森に帰郷、青森市で個展を開催した。この頃から石版画、エッチングの研究に着手するようになる。大正13年弘前市で個展を開催。大正15年青森市の印刷会社啓明社に勤務し石版技法を研究した。昭和2年青森県師範学校図画科教授嘱託となる。昭和6年東奥美術展覧会の審査員。昭和8年青森県師範学校を退職して東奥日報社編集局嘱託となり「青森県画譜」の制作に着手。昭和14年青森市で個展を開催し、その後上京。昭和15年日本エッチング作家協会の設立に参加。昭和19年、東京において52歳で死去した。


英国に帰化した水彩画家・松山忠三

2018-11-05 | 画人伝・青森

豊作 松山忠三

文献:青森県史 文化財編 美術工芸、青森県史叢書・近現代の美術家、 青森県近代洋画のあゆみ展、津軽の美術史

青森県の洋画家で最も早く海外に渡ったのは、水彩画家の松山忠三(1880-1954)とされる。松山は、北津軽郡板柳町の大地主の家に生まれた。生家は、津軽随一の大長者といわれた井筒屋の別家にあたるが、父親の事業の失敗により親子は離散、松山は北海道の函館に渡り、新聞屋、デパートで働いていたが、母の大病の知らせを受け帰郷、母の病気回復後は、青森市の青湾学舎青年部の夜学に入学した。

明治39年に上京、当時流行していた水彩画の魅力に引かれ、丸山晩霞の家に寄寓しながら太平洋画会研究所や水彩画講習所に通った。この頃は、日本の水彩画が全盛期を迎えており、太平洋画会の三宅克己や、明治美術会の大下藤次郎らが活躍し、明治40年には、大下、丸山らが日本水彩画研究所を創設、松山は幹事として同会に所属した。

明治43年、松山は師の丸山の再渡欧に同行してロンドンに渡った。英国では、チェルシーにある美術学校チェルシー・アート・スクールに学び、その後も英国で活動、大正5年には王立芸術院とナショナル・ポートレート・ギャラリーに出品、王立芸術院には昭和14年までの間に5回出品、スコットランドのロイヤル・スコティッシュ・アカデミーに入選し、英国水彩画協会の会員の資格を得た。

晩年は第二次世界大戦が長期化するなか、英国と敵国である日本人であるということで、英国水彩画協会の会員資格の返還を迫られたり、外出の制限を受けたり、末の息子を戦争で失うなどの苦難が続いた。戦後は、英国人の妻の強い要望もあって、英国に帰化、一度も日本に帰ることなく、彼の地において74歳で死去した。ロンドンにある漱石記念館には70点余りの作品が収蔵されている

松山忠三(1880-1954)
明治13年北津軽郡板柳町仲町生まれ。明治23年兄とともに函館市に奉公に出たが、明治29年母親の大病の報を聞き青森に帰郷。母の病気回復後、青森市松森にある私立青湾学舎青年部の夜学に入学した。明治39年に上京、太平洋画会研究所や水彩画講習所に通った。翌年、水彩画講習所が小石川水道端に移り改称した日本水彩画研究所に幹事として入所。明治41年太平洋画家展覧会に出品。水彩画の専門誌「みずゑ」にも数回掲載された。明治43年丸山晩霞の再渡英に同行し、英国に渡り、チェルシーの美術学校の夜学に通い、昼は古い家具の修理や漆塗りの仕事をした。ロイヤル・アカデミーなどに出品し、英国水彩画協会の会員となった。昭和22年英国籍を取得。昭和29年、74歳で死去した。


本格的な洋画を津軽に持ち帰った羽場金司

2018-11-02 | 画人伝・青森

自画像 羽場金司

文献:青森県史 文化財編 美術工芸、青森県史叢書・近現代の美術家、 青森県近代洋画のあゆみ展、津軽の美術史

明治も終わり頃になると、東京美術学校西洋画科に青森県出身の若者たちも入学をはじめた。大川亮をはじめ、羽場金司、関彦四郎、大橋貞一らである。大正2年に東京美術学校を卒業した羽場金司(1886-1916)は、藤島武二教室で学んだ本格的な洋画を弘前市に持ち帰った。その3年後、29歳で短い生涯を閉じるが、羽場は洋画の真髄を津軽に最も早く伝えた青森県における油絵のパイオニアといえ、その志しは、交流のあった関彦四郎らに引き継がれた。

関彦四郎(1888-1961)は、明治42年東奥義塾を卒業後、早稲田実業学校に入学。ほどなく東京美術学校に転入、黒田清輝を中心とした白馬会研究所にも通った。明治43年東京美術学校の予科、その後西洋画科に入り藤島武二教室に学んだが、大正4年に父の病気のために中退。帰郷後は、油絵のほか、彫刻、墨絵、木版画の制作も行なった。また、大正8年に津軽で初めての洋画団体である「弘前洋画同好会」を結成、大正10年に名称を「北斗社」に改めた。

北斗社は、解散する大正14年までの間に7回の洋画展を持続的に開いた。北斗社の同人には関をよく助けた佐々木順威をはじめ、長尾源太郎、多田源蔵、中村一郎、笹森清一郎、小野忠明、早野弘太郎らがいた。

羽場金司(1886-1916)はば・きんじ
明治19年弘前市生まれ。実家は小友の庄屋をしていた家柄。旧制弘前中学校卒業後、体が弱いため1年浪人し、明治42年東京美術学校に入学。そこで藤島武二に学んだ。在学中結核におかされるが、大正2年に卒業。弘前に帰り病魔と戦いながら絵を描き続けるが、大正5年、29歳で死去した。

関彦四郎(1888-1961)せき・ひこしろう
明治21年弘前市生まれ。父清造は第五十九銀行勤務。明治42年東奥義塾を卒業後、早稲田実業学校に入学。ほどなく東京美術学校に転入、白馬会研究所にも通った。明治43年東京美術学校の予科、その後西洋画科に入り藤島武二教室に学んだが、卒業間近の大正4年父親の病気のため中退して帰郷した。北斗社の中心となり指導的役割を果たした。昭和36年、73歳で死去した。

大橋貞一(1888-1967)おおはし・ていいち
明治21年弘前市生まれ。旧姓は古郡。実家は代々医者の家系。明治39年に弘前中学校を卒業。羽場金司とは同期。卒業後は東京美術学校に進んだ。一説には最初日本画科に入り、その後西洋画科に移ったとされ、日本画の作品も残っている。在学中に青森師範学校で開催された北洋画会展に水彩画を出品、弘前美弘会の会員となった。大正4年に東京美術学校を卒業し、名古屋中学校、満州の大連中学校で教鞭をとり、個展も開催したが、満州事変によって昭和6年頃東京に帰った。昭和42年、79歳で死去した。


青森初の洋画研究所を開いた大和田篤治と大川亮

2018-11-01 | 画人伝・青森

夕涼み 大川亮

文献:青森県史 文化財編 美術工芸、青森県史叢書・近現代の美術家、 青森県近代洋画のあゆみ展、津軽の美術史

青森県初の「洋画研究所」は、明治30年代後半、大和田篤治と大川亮によって青森市に開かれた。南津軽郡に生まれた大川亮(1881-1958)は、中学時代から絵を描き、画家になることを望んでいたが、家族の反対にあい、上京して農業実科(現東大農学部)に入学した。しかし、画家への思いは絶ち難く、家族に隠れて東京美術学校に移り、洋画を岡田三郎助に、日本画を岡田秋嶺について学んでいた。ところが、そのことが後見人の叔父に発覚してしまい、送金を止められたためやむなく帰郷、青森御料林局に勤務することになった。

高知県に生まれた大和田篤治(1875-1913)は、小山正太郎が主宰する不同舎で学び、その後は図画の教員となり、明治37年に青森市内の第三中学校に赴任した。大和田も大川と同じく日本画を岡田秋嶺について学んでいたこともあり、二人は意気投合するものがあったと思われ、第三中学校内にデッサンを主とした洋画の研究所を組織した。研究所の会員は約20名で、中学生のほか、藤野草明、森飛雪、越前翠村、女性では、落合ラン、渡辺まさ子らがいた。ラン、まさ子は、野外写生をした県内初の女性たちといわれている。

研究所は、明治42年に大和田の高知県師範学校への転勤をもってその活動を終了するが、大和田が育てた教え子たちは、青森市の洋画団体「北洋画会」の設立へ、さらに大正期に設立された重要な東京在住の芸術家たちの団体「六花会」の設立の主要メンバーとなり、青森県の洋画の発展に貢献している。

大川亮(1881-1958)おおかわ・りょう
明治14年大光寺村生まれ。東奥義塾に入学するが途中で八戸中学に転校。同校卒業後は東京の農業実科(現東大農学部)に入学。絵への思いは絶ち難く、家族に隠れて東京美術学校に入学し、岡田三郎助について学んだ。しかし明治36年に後見人の叔父に発覚してやむなく帰郷、青森御料林局に勤務した。このころ大和田篤治とともに青森県初の「洋画研究所」を第三中学校の教室を借りて開いた。明治38年、志願して歩兵第三十一連隊に入り、軍役後の明治40年大光寺村村会議員に当選。以後四期連続当選した。大正2年農事研究所を組織して各集落ごとに農事実行組合を組織した。昭和33年、77歳で死去した。

大和田篤治(1875-1913)おおわだ・とくじ
明治8年高知県生まれ。高知県の高等小学校卒業後、明治24年に神田小川町にあった淑美館で鉛筆画、コンテ画を10カ月くらい修業。明治26年に小山正太郎の開いた画塾・不同舎に入り、5年間学んだ。不同舎を出た後は図画の教員となり、明治33年から37年まで富山県魚津中学校の図画教員、明治37年に青森市の第三中学校に赴任となり、同中学校内に洋画の研究所を組織した。明治42年郷里の高知県師範学校に転勤。大正2年、38歳で死去した。


ワーグマンに洋画を学んだ松野治敏

2018-10-31 | 画人伝・青森

父の肖像 松野治敏

文献:青森県史 文化財編 美術工芸、青森県史叢書・近現代の美術家、 青森県近代洋画のあゆみ展、津軽の美術史

青森県で一番早く洋画を学んだのは、英国人のチャールズ・ワーグマンから教えを受けた弘前出身の松野治敏といわれている。松野は、弘前藩のフランス式訓練を受けるために入隊し、東京から教官として来ていた芳野保次郎と出会った。芳野はまもなく帰京したが、松野の所属していた部隊が明治5年に近衛師団編入となり、松野も上京。そこで芳野と再会し、彼の紹介でワーグマンから洋画を習うことになった。松野は除隊後の明治14年に青森に帰るが、材料が得られなかったため、2、3の作品を残しただけで、青森に洋画の技法が定着することはなかった。

チャールズ・ワーグマンは、元陸軍大尉で、退役後にイラストレーテッド・ロンドン・ニュースの特派員画家となり、文久元年に来日していた。本格的は油絵画家ではなかったが、高橋由一をはじめとする日本の黎明期の洋画家たちが教えを受けており、そのためにワーグマンは近代日本洋画の最初の師といわれている。

松野治敏(1851-1908)まつの・はるとし
嘉永4年弘前市茂森生まれ。藩学稽古館で皇漢学を学び、明治4年に入隊。そこに着任した教官・芳野保次郎と親しく交友。明治5年松野の所属する部隊が近衛師団編入となり東京に移ったため上京、芳野と再会し、芳野の紹介でチャールズ・ワーグマンに洋画を習う。東京在勤3年で名古屋に移り、ついで熊本、金沢に移った。明治14年弘前に帰り、明治22年町村制施行に伴い初代村長をつとめる。初代の西目屋郵便局長もつとめた。また、私塾を開設して子弟の教育にあたった。明治41年、57歳で死去した。


常に津軽を意識して新しい日本画の創造を追求した工藤甲人

2018-10-30 | 画人伝・青森

冬ともえ 工藤甲人 弘前市立博物館蔵

文献:画業50年工藤甲人展-夢幻の彼方から、青森県史 文化財編 美術工芸、青森県史叢書・近現代の美術家、青森県近代日本画のあゆみ展

岡倉天心らが提唱した国粋主義的思潮のもと、大きく発展した「日本画」だったが、第二次世界大戦後に、欧米から次々と芸術新思潮が移入されるようになり、旧来の日本画では世界に通用する表現とはなりえないとして「日本画滅亡論」まで唱えられるようになった。

そんななか、昭和23年に「世界性に立脚する日本絵画の創造」を期して、創造美術が結成された。創造美術は、その2年後に新制作派協会と合流して新制作協会日本画部となり、昭和49年には「創画会」として独立するが、一貫して標榜していたのは新しい日本画の創造であり、その流れのなかで活躍したのが、弘前市出身の工藤甲人(1915-2011)である。

工藤甲人は、弘前市の農家の二男として生まれ、19歳で上京して青果市場や新聞配達店で働き、20歳で川端画学校日本画科に入学した。同校に通いながら世田谷の友禅屋にもつとめ、下描きの仕事で、花、鳥、静物など物の形を的確にとらえる技術を身につけた。同級生には宇佐美省吾や上田臥牛らがいたが、甲人が最も親しくつきあい、影響を受けたのは、中国戦線に出征し27歳で戦死した西村勇だった。

西村は西洋美術に傾倒しており、甲人は西村との共同生活のなかで、当時の欧米の美術について語りあい、シュルレアリスムの世界に興味を持つようになった。この頃、吉岡堅二、福田豊四郎らが中心となって開催していた新美術人協会展に出品し受賞している。新美術人協会は、山樹社、新日本画研究会の流れを汲む日本画の革新的団体で、当時の官展の風潮に不満を持つ若い画家たちをひきつけていた。

この出品をきっかけに、甲人は福田豊四郎に指導を受けるようになり、日本画院や新美術人協会展に入選を果たすが、戦争のために画業を中断して出征。終戦とともに復員して、故郷津軽で農作業をしながら創作を再開していたところ、福田豊四郎の誘いを受けて創造美術に参加。その後は、創造美術、新制作協会日本画部、そして創画会を舞台に作品を発表、常に故郷の津軽を意識しながら、心の中に生起するさまざまな心象を表現した幻想的な画風を確立していった。

工藤甲人(1915-2011)くどう・こうじん
大正4年弘前市生まれ。昭和9年上京し、昭和10年川端画学校日本画科入学。昭和14年第1回日本画院展、第2回美術人協会展入選。この頃福田豊四郎の研究会に出席。昭和16年前年よりの召集解除となり上京。第4回新美術人協会展に出品。昭和17年第4回日本画院展に出品。再び応召される。昭和25年再び制作活動に入り、創造美術に出品。昭和26年に創造美術が新制作派協会と合流した新制作協会日本画部で新作家賞を受賞。以後新制作展で受賞を重ねた。昭和63年芸術選奨文部大臣賞受賞。平成4年毎日芸術賞受賞。平成8年弘前市名誉市民となった。平成23年、96歳で死去した。


新しい美人画と評判になった工藤紫煌

2018-10-29 | 画人伝・青森

美粧 工藤紫煌

文献:青森県史 文化財編 美術工芸、青森県史叢書・近現代の美術家、東奥美術展の画家たち、津軽の美術史、青森県近代日本画のあゆみ展

昭和7年に結成された「丹墨社」には、工藤紫煌、福田秀鳳、中村旭洋、須藤聖馬、野沢如洋須藤尚義竹森節堂高橋竹年工藤仙来ら、当時の津軽地方の日本画家のほとんどが参加した。しかし、戦争の影響で丹墨社の活動は衰退し、戦後は、青森県日本画連盟、陸奥美術協会、さらに岡部陽らによって三彩社が結成された。

弘前生まれの工藤紫煌(1903-1946)は、地元の小学校を出てすぐに上京、川端画学校で学び、ついで蔦谷龍岬の画塾・鐸鈴社に入った。龍岬の没後は、しばらくどこにも所属しなかったが、昭和14年頃に野田九浦の煌土社に入り、ここで華々しい活躍をみせた。数々の美術雑誌にも取り上げられ、煌土社のなかでも注目される一人となった。昭和17年日本画院展に出品した「美粧」(掲載作品)は、美容院で化粧してもらう女性を描いており、新しい美人画と評判になった。

福田秀鳳(1902-1946)も、鐸鈴社で蔦谷龍岬に学び、龍岬の没後は師につくことなく、独自で画技を深めた。「六花会」を模した「六華会」が在京美術家たちによって結成された際には、これに参加し、野沢如洋、鳥谷幡山、須藤尚義、竹森節堂ら会員とともに活動した。昭和11年には「新樹社」の創立に加わり、昭和15年には「清芳社」の社人となり、同年東北六県日本画家連盟の会員にもなった。

工藤紫煌(1903-1946)くどう・しこう
明治36年弘前市生まれ。本名は工藤清蔵。はじめ工藤仙来に絵の手ほどきを受けた。弘前の玉成高等小学校を卒業後、上京して川端画学校で学び、同校卒業後は蔦谷龍岬の画塾・鐸鈴社に入った。昭和6年第12回帝展に入選。昭和14年野田九浦の画塾・煌土社に入った。昭和17、18年日本画院展に出品。第8回中央美術展出品。昭和19年第14回東奥美術展に日本画の依頼作家の部に出品。昭和20年弘前に疎開。昭和21年、44歳で死去した。

福田秀鳳(1902-1946)ふくだ・しゅうほう
明治35年南津軽郡藤崎町生まれ。福田兵作の二男。別号に明泰、千穂がある。はじめ工藤仙来の指導を受け、その後、大正13年に京都にいた野沢如洋を訪ね、師事した。さらに東京に出て蔦谷龍岬の画塾・鐸鈴社に入った。この頃日本画会展に入選。師とともに東奥美術社の同人となったが、師龍岬の没後は師につくことなく、独自に画技を深め、六華会に参加し、新樹社の創立に参加した。昭和15年清芳社の社人となり、同年東北六県日本画家連盟の会員にもなった。昭和21年、44歳で死去した。

中村旭洋(1889-1972)なかむら・きょくよう
明治22年弘前市亀甲町生まれ。本名は中村健之助。父は郷土史家の中村良之進。洋画の時の雅号は牧平。明治38年佐藤梅亭につき、その後野沢如洋に1年半ほど学んだ。明治42年弘前中学校卒業後、東京美術学校日本画科に入学し、川端玉章に師事。2年後に退学し、六花会に参加。大正12年に帰郷した。洋画に転向し、石川寅治に指導を受けた。昭和11年から13年まで南画鑑賞展に出品し連続入選。昭和14年南画鑑賞展で褒状を受けた。東奥展で特選、招待出品した。昭和47年、83歳で死去した。

須藤聖馬(1900-不明)すとう・せいま
明治33年弘前市生まれ。野沢如洋に師事した。青森美術会展、国土社展に出品し、丹墨社では主幹をつとめた。如洋ゆずりの馬の絵を描いて注目された。姉は野沢如洋夫人。

岡部陽(1904-1982)おかべ・よう
明治37年東京都昭島市生まれ。本名は岡部光昭。大正10年加藤栄舟に師事。大正13年には蔦谷龍岬に師事した。昭和4年第10回帝展に初入選。昭和9年蔦谷龍岬の娘と結婚。昭和10年荒木十畝に師事した。昭和19年戦渦を避けて弘前に疎開。昭和25年、27年に東奥展日本画審査員をつとめた。昭和48年青森県文化賞、昭和51年青森県褒賞を受賞した。昭和57年、78歳で死去した。


最良の師を求めて次々と師を変えた須藤尚義

2018-10-26 | 画人伝・青森

鶴と牡丹(左隻) 須藤尚義

文献:田舎館村誌 中巻、青森県史 文化財編 美術工芸、青森県史叢書・近現代の美術家、東奥美術展の画家たち、津軽の美術史、青森県近代日本画のあゆみ展

須藤尚義(1902-1956)は、明治35年田舎館村川部に生まれた。父は早くから尚義を画家にする考えがあり、尚義は小学校4年の時に東京の学校に転校した。東京での最初の師は村上委山で、ここには3年いて、大正9年に松林桂月の門に移った。昭和3年には郷里の先輩である蔦谷龍岬の画塾「鐸鈴社」に入り、第11回と第12回の帝展に入選した。画風も平家物語を主テーマにしていた師・龍岬の影響を受け、大和絵風のものだった。

尚義は、龍岬が結成した東奥美術社にも加わり、青森県内でも作品を発表していたが、昭和8年、龍岬が48歳で急死してしまう。最も尊敬していた師を失った尚義は、その後、小室翠雲、川合玉堂、児玉希望、川端龍子、中村岳陵と次々と師匠を変え、そのつど師の作風を学び取り、自分のものとした。純粋に最良の師を追求してやまなかった尚義だが、高名な師を渡り歩くその姿は、周囲からは出世ねらいの下卑た行為と見られがちだった。

晩年は、平福百穂を最も尊敬し、竜飛崎のスケッチを描きためており、これを持って行き、新興美術院に入る考えだったという。

須藤尚義(1902-1956)すとう・なおよし
明治35年南津軽郡田舎館村生まれ。小学校4年の時に画家修業のため東京の学校に転校。大正5年村上委山に師事。大正9年松林桂月に師事。昭和3年蔦谷龍岬の画塾「鐸鈴社」に入る。昭和5年第11回帝展に初入選、翌年の第12回帝展にも入選した。昭和8年師の龍岬が没したため、昭和10年小室翠雲に師事、同年日本南画院に出品。昭和11年日本画会に出品。昭和12年川合玉堂に師事、児玉塾第1回展で塾賞を受賞。昭和13年児玉希望に師事、児玉塾第2回展で長流賞を受賞。昭和14年川端龍子に師事、青龍社展に出品。昭和16年に青森県の日本画の美術団体「青丘社」を設立した。その後も青龍社展に出品して社子に推挙されるが、昭和19年中村岳陵に師事、日本美術院展に出品した。昭和31年、54歳で死去した。