辰姫 ~石田三成の娘の生涯と軌跡~

石田三成の娘”辰姫”を顕彰し、辰姫の真実を伝え残す為のサイトです。

【必見】 辰姫研究記事の見方について

 初めにカテゴリーの「1分で知る辰姫」と「辰姫年表」を読んだ後に、各カテゴリー内の記事を”古い記事から”読んで頂くと解り易いです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【エッセイ】史実を曲げる創作品のリスク

2019年07月25日 16時26分29秒 | エッセイ (辰姫と私)
 当サイト(ブログ)に訪れて下さった皆様、辰姫の研究記事はいかほど目を通して下さったでしょうか?

 昨今、小説やドラマ映画など様々な創作品があふれ、その中で様々な歴史上人物達が史実とは異なる”時には神がかった英雄像”または”見る者が面白く思うような人柄”として描かれてしまっていますが・・・。

 研究記事を全て来て下さった方はお解りになられたかとは思いますが、”辰姫”は政治に自身から関与する事や謀(はかりごと)をしたり、また満天姫との現代の昼ドラや小説のような”女の戦い”を演じるような事は一切無い生涯であり人柄です。

 むしろ、”一人息子の母”や”夫と離れて暮らす事に耐える妻”という健気な女性としての面の方が際立った女性と私は思っています。

 創作品は所詮は創作品です。見る者が楽しく思い収益が生じるような内容でなくては成り立ちません。どんなに史実に基づこうが史実ではないのです。

 辰姫が登場する創作品の殆ど(といっても数品しかありませんが・・・)が、満天姫と”女の関ケ原”と言う形で女の戦いを演じるように描かれてしまっていいる事が私は悲しく、辰姫を不憫に思ってしまいます。

 辰姫のみならず、様々な歴史上人物達が史実を曲げられ、現代人が面白おかしく楽しめるような姿で描かれ、そのイメージが定着し、歪んだ本人像がいつまでも史実の様に伝わってしまう事は現代人の無責任さであり、歴史上人物達に対する無礼非礼と私は思っています。

 だからこそ・・・
 このブログに目を通して下さった方々には、辰姫の本当の姿と人柄、そして生涯を知ってほしいと願っています。
 
 そして、私には辰姫ですが、歴史が好きで特定の人物に思い入れがあり、その人物を自身で調べ更に理解を深めたいという方がおられるなら、是非、自身で可能な限り調査や検証をしてほしいと思います。
 その過程で感じた事や判明した事は、その歴史上人物が直接ご自身に教えてくれた事であると思えるからです。

 歴史上人物を調べる事は、その歴史上人物との対話です。私はそう思っています。


 これからも多くの方々が辰姫の事を知って下さる事を願いつつ、このサイト(ブログ)を継続していきます。