★★MAトラスト社長 浅野まことのここだけの話。★★

MAトラストの社長 浅野まことがここだだけの話をブログで大公開!!

人間関係について

2019年10月15日 | 日記
古い名刺を整理していたらこれまでに実に多くの方と名刺交換をしていると思った。あの人は今頃何をしているんだろうか、あの時は楽しかったなぁ、苦い思い出、そして顔を思い出せない人も多い。

人間が安定的な社会関係を維持できるとされる人数は150名程度だという。これをダンパー数というそうだ。この社会関係というのは、個人が、各人の事を知っていて、さらに、各人がお互いにどのような関係にあるのかをも知っているという関係を意味する。ダンバー数は、1990年代に、イギリスの人類学者であるロビン・ダンバー氏によって提唱された。霊長類の脳の大きさと平均的な群れの大きさとの間に相関関係を見出し、人間が円滑に安定して維持できる関係は150人程度だという。
なるほどそういえばそうかもと思う。
そう考えると、家族というのは、その頂点に位置するのだろう。仕事、趣味の仲間...僕も様々なコミュニティーに属して多くの方と日々交流しているが、どうせ付き合うのならよい関係を維持したいと思う。
SNSが画期的なのは150人という上限を突破できることなのだろう。
今日も仕事で新しい出会いがある。折角会うのならよい出会いをと思う。
今日も元氣に頑張るぞ!
コメント   この記事についてブログを書く
« 【病院・クリニックの事業承継】 | トップ | 【睡眠負債が気になる方へ】... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事