★★MAトラスト社長 浅野まことのここだけの話。★★

MAトラストの社長 浅野まことがここだだけの話をブログで大公開!!

2016年は、ファインバブル(ナノバブル)技術が切り開くのを期待したい!

2015年12月28日 | SOS救急笛

 

ナノバブルを追いかけてもう5年以上になります。

ナノバブルはどんな高性能な光学顕微鏡でもこれまで見えなかったことから
存在さえも否定されてきました。「浅野は詐欺師ではないか」とずいぶん酷いことも
言われ悲しい思いをしてきました。

しかしです。

今年の
2015年8月30日 放送のサイエンスゼロは、「日本発 驚異の泡!ウルトラファインバブル」
を取り上げました。これを見たとき僕は救われる思いがしました。

ナノバブル(=ファインバブル)は存在したのです。
今年一番の感動だったかもしれません。 

 

まずは、是非、この感動の動画をご覧ください。

*下の写真をクリックすると動画が始まります。

 

 


  以下に番組のハイライトをご紹介したいと思います。



  ファインバブルの作り方はもの凄くシンプルです。

 

   六角形のハニカム構造を微妙にずらして重ねたところに気体(窒素、酸素、空気、オゾン)などを
   通します。 


 

    すると、上記のように泡が小さく砕かれてマイクロバブルからファインバブル(ナノバブル)が
    出来上がります。 ナノサイズになると余りに小さいため、水の中で浮遊することになります。


 

      どれほど小さいかを日本でも数少ない超高圧電子顕微鏡で見ると・・・・

 

 

    50ナノメートル以下のバブルが見えたのです。これは従来言われていたものより1桁も
    小さいものでした。この画像を見たとき、私は涙が出ました。ナノサイズの泡は存在したのです。
    しかも、気体にならずに水中で浮遊しつづけるのです。 

 

 

  そして更に感動したのは、ファインバブルの医療への応用でした。
  写真は、九州大学先端医療イノーベーションセンターの大平猛特任教授。


 

 

  

       左は乳酸菌、右はオゾンをファインバブルにしたものです。乳酸菌より圧倒的に小さいです。


 

    乳酸菌にオゾンのファインバブルを注入すると60分後には、乳酸菌が通常の100ナノメートル
    よりも大きくなっています。


 

     これは、乳酸菌がオゾンのファインバブルによって破壊されたことを意味します。

 

 

   大平先生は、ナノバブルはこれまで不可能であったところに入り込むことができると興奮気味に
   語っています。 

 

 

 

   オゾンのナノバブルは、抗生物質に代わる可能性を述べられました。もの凄いチャレンジングな
   ことを語っておられます。 

 

    また、実験によってA型インフルエンザもオゾンのファインバブルで死滅することも分かっています。


ということで・・・・・

   ファインバブル技術は、医療を根本から変える可能性を秘めていると私は確信しております。

 

 

 

 

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 自分の身は自分で守る!SOS救... | トップ | 自分を語る »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (隅本博)
2019-03-07 16:50:32
2年前から超音波を利用したナノバブルを提案してましたが、そんな技術は無いの一言で終わってしまい、ずっともやもやしてました。
私は、厨房関係のメーカーに勤めていますが、全国の飲食てんの多くがグリストラップの掃除に困っており、
作業時の水にナノバブル水を流すことでその作業が軽減されるのではないか、またグリストラップ自体の設備を小さくできるのではないか、そいなれば初期投資も削減されるからです。

コメントを投稿

SOS救急笛」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事