鴨が行く ver.BLOG

鴨と師匠(ベルツノガエル似)と志ん鳥のヲタク全開趣味まみれな日々

本棚晒す

2017年08月16日 20時47分30秒 | ゲーム・コミック・SF
Twitterで偶々見かけたハッシュタグ「#本棚晒す」で自分の本棚を晒してみたら、なかなかな反響をいただいたので、ブログでも晒してみますヽ( ´ー`)ノ
冒頭の写真は鴨専用本棚の上の段、文庫サイズは100%ハヤカワ文庫(しかもほぼ水色ヽ( ´ー`)ノ)。カラーボックスサイズのコンパクトな本棚で、無駄な積ん読を避けるために「入り切らなくなったら1冊買うたびに1冊売る」を貫いています。おかげさまで、手元に置いておきたい本が純度を上げつつ残っています。「手元に置いておきたい本」が必ずしも「好きな作品」とは限らないところが、我ながら面白いです。
ちなみに、チンアナゴとニシキアナゴっぽいオブジェが見えてますが、これは師匠からのプレゼント。

下の段。
水色以外の背表紙が集大成ヽ( ´ー`)ノ最近はハヤカワ文庫がいろんな色の背表紙を使うようになってきて、イマイチ統一感の無い感じになりつつあります。鴨的に、色は揃えていただいた方が「集めた感」があって好きなんだけどなー。
鴨っぽい物体は、鴨が作った羊毛フェルト作品でございます。

せっかくなので、コミック専用本棚も晒してみる。

二瓶勉ばっかかよヽ( ´ー`)ノ

ここには映ってませんけど、白井弓子「WOMBS」とかそにしけんじ「猫ピッチャー」とか渡辺保裕「球場三食」も一応全巻揃ってます。
そうそう、日本相撲協会の「わくわく大相撲ガイド」も3巻揃ってますよー。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 残暑お見舞い | トップ | 暦の上では »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ゲーム・コミック・SF」カテゴリの最新記事