南相馬市ふるさと回帰支援センター

南相馬市ふるさと回帰支援センターより、南相馬の情報や移住の案内などを発信。なんでもきいてけろ。

京都府立農芸高校との交流  相農祭より  ~南相馬市ふるさと見聞録~

2012年11月02日 | 日誌
 震災後、相馬農業高校への支援を通して交流を続けている京都府立農芸高校

 今回の相農祭には農業クラブ3年生の勝山さやさん。2年生の上野光さと辻翔太さんと農場部長の肩書を持

 つ鈴木先生の4名の皆さんが訪れました。

 4名の皆さんは雲雀ヶ原にある農場を訪れ、初めて線量計を用いて農場の野菜の放射線量を計りながら、色々と質問をしま

 した。

  
 
 徐染をした農地たしない農地、支援して頂いた堆肥をいれた野菜の成長状況なども踏まえながら、真剣に

 メモを取ります。堆肥をいれた農地では残念ながらすでに収穫されていましたが、とうもろこし、ねぎ、

 だいこん、なす、ピーマン、とうがらし、ししとうなど多種に亘る野菜が収穫されたそうです。

 そんな中、上野さん達が見つけたのは何と幸運を呼ぶよつばのクローバー!鈴木先生の素敵なアクセサリー

 になりました。

        


   
>>南相馬市ふるさと回帰支/援センターHPへ 
 

コメント   この記事についてブログを書く
« 天高くてるてる馬坊主も肥え... | トップ | マスコットキャラクターの愛... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日誌」カテゴリの最新記事